1. トップ
  2. メイク
  3. 厚塗りメイクを卒業!トレンドの“すっぴん風美肌”を叶えるベースメイクのコツ

厚塗りメイクを卒業!トレンドの“すっぴん風美肌”を叶えるベースメイクのコツ

  • 2020.12.13
  • 1843 views

しっかりカバーしたいけれど、厚塗りにはしたくない…。そんなメイクのワガママを叶える、“すっぴん風美肌”の作り方をメイクのプロが伝授。(フロントロウ編集部)

厚塗り感のあるメイクは古い?

すべてをカバーした完璧なベースメイクよりも、いまは素肌感を活かしたリラックスした“すっぴん風”のベースメイクがトレンド。しかし、肌トラブルを持つ人にとって、薄づきのベースメイクは正直ちょっと心もとない。

画像: 厚塗り感のあるメイクは古い?

そんなベースメイクに悩む人に朗報! 実は、いつものメイクをほんの少し変えるだけで、気になる部分をカバーしながら、厚塗り感なく今っぽいベースメイクに仕上げることができるという。セレブを手掛けるメイクアップアーティストのミン・ミン・マが、メイクのコツを米Byrdieで紹介した。

フルカバーのコンシーラー

クマや色素沈着、赤み、ニキビ跡など、気になる肌トラブルを隠してくれるカバー力の高いコンシーラー。

とくに、ノーファンデで過ごしたいときや、ちょっとしたお出かけにもパパッと使える優秀なアイテムだけれど、使い方によっては厚塗り感がでることも…。そんなときは、コンシーラー単体よりもナチュラルな仕上がりの「BBクリーム」や「CCクリーム」を試してみるのもアリ。

画像: フルカバーのコンシーラー

ミン・ミンは「こっちのほうが透明感ができるし、多少のムラがあっても気にならないよ」と助言。また、保湿剤や日焼け止めも含まれているため、ついでにスキンケアもできて便利だとも付け加えた。

プレストパウダー

ファンデーションやコンシーラーをのせたあと、メイク崩れを抑えるために、仕上げにプレストパウダーやルースパウダーを使う人も多いと思うけれど、今っぽいこなれ感のあるベースメイクに仕上げたいなら、“色つき”ではなく、“透明タイプ”を選ぶのがオススメ。

画像: プレストパウダー

ミン・ミンは「私のオススメはMallyのフェイス ディフェンダーね。透明タイプのアイテムなんだけれど、毛穴や小じわをなめらかにしながら、べたつかないマットな肌に仕上げてくれる」と説明。

もちろん透明なのでどんな肌色にも使えるうえに、厚塗り感が出にくいのも嬉しいポイント。簡単に今っぽいすっぴん風の美肌を叶えてくれるという。

ほかにも、大きめのフェイスブラシを使うとパウダーがつきすぎてしまうため、小さめのフェイスブラシに変えてみるのも厚塗り感をださないコツだとも付け加えた。(フロントロウ編集部)

元記事で読む