1. トップ
  2. ハリー杉山、愛知・小牧山城の発掘現場で特別取材!歴史を覆す発見に「生きる歴史を前にして興奮」【Interview】<世界ふしぎ発見!>

ハリー杉山、愛知・小牧山城の発掘現場で特別取材!歴史を覆す発見に「生きる歴史を前にして興奮」【Interview】<世界ふしぎ発見!>

  • 2020.12.12
  • 900 views
ハリー杉山が日本各地の名城を案内 (C)TBS
ハリー杉山が日本各地の名城を案内 (C)TBS

【写真を見る】全身で名城を満喫するハリー杉山!

12月12日(土)放送の「世界ふしぎ発見!」(毎週土曜夜9:00-9:54、TBS系)では、「日本のお城スペシャル!」と題して、イギリス各地に城を作ったイングランド王・エドワード1世を先祖に持つハリー杉山が、日本各地の名城を案内する。本記事では同番組の放送に先駆け、ハリー杉山のインタビューを番組の見どころとともに紹介する。

特別な許可を得て取材を実施!

ハリー杉山が最初に訪れたのは、彼の先祖であるエドワード1世がイギリスのウェールズ地方に造ったコンウィ城と「姉妹城」になっているという世界遺産の兵庫・姫路城。

江戸時代はじめに藩主・池田輝政により現在の姿に改修された同城は、シラサギが羽を広げたような優美な姿から、別名“白鷺城”とも呼ばれている。

番組では、日本だけではなく世界中の城を研究する城郭考古学者・千田嘉博氏が姫路城を案内。“軍事要塞”として作られた同城が、軍事面に長けていたというその造りに迫るとともに、特徴ともいえる「白」に塗装された理由も明らかになる。

また、ハリー杉山は戦国時代に革命家と呼ばれた武将・織田信長が初めて造った愛知・小牧市にある小牧山城も訪れる。

信長の城といえば安土城が有名だが、実はいくつもの城を造り、住むところを変えていた“引越し武将”だったという。

そんな信長が造り、戦国の世を変えた小牧山城の発掘現場で特別な許可を得て取材を実施。歴史を覆す発見から信長が成し遂げた“城の革命”に迫る。

12月12日(土)放送の「世界ふしぎ発見!」より (C)TBS
12月12日(土)放送の「世界ふしぎ発見!」より (C)TBS

日本の城の魅力は“生命力”

――まずは防御と攻撃力を兼ね備えた「姫路城」を取材されましたが、印象に残ったことはありますか?

城への侵入を防ぐためにくねくね曲がる道、弓矢や鉄砲で攻撃するための穴、「この城を破るぞ!」という攻めの気持ちでしたが、僕は一体何度命を落としたのか!?

外観は美しく女性的な要素もある姫路城に、僕はまんまとだまされていました。まったくかわいくない(笑)。

――また、織田信長ゆかりの岐阜城、安土城、小牧山城の発掘現場も訪れ、石垣を使った城や城下町など、城づくりの面からも信長のすごさが見えてきますが、ハリーさんは何に一番感動されましたか?

発掘です。生きる歴史を前にして興奮し、小牧山城が信長の城革命のスタート地点と理解した時には震えました。そして地元のボランティアの皆さまの汗をかきながら発掘に命をかける姿に感動しました。

――明智光秀ゆかりの福知山城、周山城では城を通して明智光秀の人物像が伝わるレポートですが、光秀のエピソードがある場所を巡られて、どのようなことを感じましたか?

明智一族が貼られている“レッテル”は勝者が作った歴史。本当に彼は一人で謀反を行えたのか…考え始めました。

もしかして歴史によって彼は英雄になっていたかもしれない。人に優しく、理が叶っていないことを嫌い、むしろ正義感に溢れる光秀が見えてきたので、今まで逆賊も思っていた自分にとって複雑の発見でした。

――日本の城の中で、一番魅力を感じるところはどこですか?

生命力ですかね。たとえ元の姿を失っても、何百年も地元民を支える、心臓のような存在に今回のロケを通して見えてきました。なくてはならない、日本人にとって一種の生命線だと思います。

元記事で読む