1. トップ
  2. ファッション
  3. ボス 2016年クルーズコレクション - 砂が波打ち、流れうごめく“砂丘”に魅せられて

ボス 2016年クルーズコレクション - 砂が波打ち、流れうごめく“砂丘”に魅せられて

  • 2015.5.29
  • 826 views

ボス(BOSS)の2016年クルーズコレクションは、これまでのシーズンと比べ、若々しくフレッシュ。ジェイソン・ウー(Jason Wu)は4シーズンを迎え、自身の美意識と向き合い、波やうねりといった動きに目を向けていく。

砂が波打ち、豊かなラインが流れうごめく砂丘。そんな波線は、ジャカードや刺繍を用いて表現した。時に強く時にか弱い、そんな女性の内面を映し出すかのように、ホワイトとグレーの落ち着いたコンビネーショングラフィックで、動きを出し、スパンコールやビーズを織り交ぜた刺繍が繊細な表情を描いていく。

一方で、モダンなマスキュリンテイストもちらほら。例えば、ラペルを逆さにしたテーラードジャケットは、線対称の独特なカッティングが胸元を彩り、エレガントなスタイルへと昇華させている。また、カフリンクをボス・ウーマンに相応しいアイテムとして、再解釈。コートやジャケット、シャツのボタン、あるいはアクセサリーの留め具として、随所に使用された。

コレクションでは、白いスタンドカラーシャツや膝下丈スカート、ガウンコートなどを中心に、上品で落ち着きのあるスタイルを提案。そこに、ミニ丈ワンピースや胸元をカッティングしたジャケットやドレスなど、ヘムラインやネックラインを短めに設定したアイテムを差し込み、爽やかな新風を吹き込んでいる。

ウェアで展開したカラー・ブロッキングは、新アイコンバッグ「ボス ビスポーク」にも採用。セージグリーンとホワイトの新鮮な組み合わせをセレクトし、小物からも、新しいムーブメントに積極的にアプローチしている姿が印象的だった。