1. トップ
  2. 西川貴教、『天外者』は”運命的”な作品「映画のなかで生き続ける春馬を、多くの方に観てほしい」

西川貴教、『天外者』は”運命的”な作品「映画のなかで生き続ける春馬を、多くの方に観てほしい」

  • 2020.12.11
  • 636 views

ミュージシャンでありながら、俳優や声優、タレント、そして近年は実業家としての顔も持つ西川貴教。三浦春馬主演の歴史青春群像劇『天外者』(公開中)では、のちに三菱財閥を築く土佐藩士、岩崎弥太郎役を演じている。メインキャストとして熱演を見せた西川に単独インタビューを敢行し、亡き三浦春馬との撮影エピソードや、コロナ禍のいま、本作が公開されることの意義について話を聞いた。

【写真を見る】三浦春馬が五代友厚役で圧倒的な存在感を発揮!

三浦春馬主演映画『天外者』に出演した西川貴教 撮影/Maho Korogi
三浦春馬主演映画『天外者』に出演した西川貴教 撮影/Maho Korogi

主人公の五代才助(のちの五代友厚)は、薩摩藩士から明治政府役人を経て実業家となり、商都大阪の礎を築いていく。真っ直ぐで志が高かった才助は「名もいらぬ、実もいらぬ、ただ未来のために」と自分の信じる道を邁進した。彼の盟友となるのが、坂本龍馬(三浦翔平)、のちに初代内閣総理大臣の伊藤博文となる利助(森永悠希)と、西川演じる弥太郎だ。

弥太郎については、西川が「近代の日本を振り返るうえで欠くことのできない存在で、これまでに名優の方々が演じられてきた」と語るとおりで、NHK大河ドラマ「龍馬伝」(10)では香川照之が演じていたのが記憶に新しいところだ。

「弥太郎についての文献や映像資料がたくさんあるし、僕自身も、これまでの作品で描かれた弥太郎像に引っ張られてしまいそうになりましたが、そこで『ちょっと待て、なにか大事なことを忘れているんじゃないか』と思い始めました。僕は会社をやっていて、いろいろな経営者の方々にお会いする機会も多いんですが、その時に彼らのカリスマ性だけではなく、人間的な魅力や可愛さも感じたので、今回はそこを入れて、僕ならではの弥太郎を演じようと、向き合い直したんです」。

主人公の五代才助(のちの五代友厚)と、彼の盟友、坂本龍馬(三浦翔平) [c]2020 「五代友厚」製作委員会
主人公の五代才助(のちの五代友厚)と、彼の盟友、坂本龍馬(三浦翔平) [c]2020 「五代友厚」製作委員会

メガホンをとったのは、『利休にたずねよ』(13)や『海難1890』(15)の田中光敏監督だが、「自由度が高くも、そのぶん、責任感の重い現場だった気がします」と言う。才助、龍馬、弥太郎、利助が牛鍋をつつきながら、夢や野望を屈託ない表情で語り合うシーンが印象的だ。

「あのシーンは、ほとんど素でした。撮影に入る前から、撮影所の片隅で“みんなと牛鍋を食べる”というだけの段取りを監督に見せるところから始まったのですが、本作の軸にもなったシーンです。春馬と翔平は普段から仲が良かったし、僕も撮影期間中は何度も一緒にごはんを食べましたが、その関係も監督のねらいだったのではないかと」。

「滋賀ふるさと観光大使」を務める西川貴教 撮影/Maho Korogi
「滋賀ふるさと観光大使」を務める西川貴教 撮影/Maho Korogi

才助たちに感化され、最初はただ強欲な商人だった弥太郎も、やがては日本経済を俯瞰で見るようになっていく。

「才助は最初から日本全体の未来を見据えていて、その志をぶれずにそのまま貫いていく人。そういう意味では、一番ぶれていき、結果的に一番成長していくのが弥太郎なんです。田中監督からも、『この物語は弥太郎の成長劇でもある』と言われましたが、確かにそうだなと思いました」。

「映画のなかで生き続ける春馬を、多くの方に観てほしい」

『天外者』に込められた熱い想いを語る西川貴教 撮影/Maho Korogi
『天外者』に込められた熱い想いを語る西川貴教 撮影/Maho Korogi

西川は、才助の生き様に心が揺さぶられたと言う。「現代では、承認欲求だけがやたら高くて、近視眼的なものの見方しかできない人が多い気がします。でもいまこそ、身近な人や、ひいては社会に対して、自分になにができるのかと、本当に考えなきゃいけない時期なのかなと。この『天外者』という映画は何年も前から企画が立ち上がっていましたが、このタイミングでようやく花開くということに、大きな意味があったのではないかと。僕自身も弥太郎役をやらせていただくことに、責任感だけではなく、なにか運命的なものも感じました」。

西川自身も、「滋賀ふるさと観光大使」を務め、地元の滋賀で毎年開催する「イナズマロック フェス」を立ち上げたりと社会貢献に関わってきたが、その点は、弥太郎と通ずるものがある。

西川は「いや、それはおこがましいです」と恐縮しながら「やっぱり、最初から世のため人のためになることを目指すというのではなく、まず身近な人たちを幸せにしようと考えて動いた時、その先にもう少し大きな広がりが見えてきたというか、地域や社会のためになることを考え始めたという流れなんです。もちろん、それは自分の生活や安全性など、いろんなものが担保されてないと、そういう発想に行きにくいとは思いますが、これからもっとみんながそういうことを考えていかないといけないのかなと」と自身の考えを口にした。

【写真を見る】三浦春馬が五代友厚役で圧倒的な存在感を発揮! [c]2020 「五代友厚」製作委員会
【写真を見る】三浦春馬が五代友厚役で圧倒的な存在感を発揮! [c]2020 「五代友厚」製作委員会

才助と弥太郎の共演シーンで最大の見せ場となるのが、クライマックスで大阪の商人たちを前に2人が対峙し、熱い想いを交わし合うというくだりだ。西川は「僕も、このシーンに向かって、役を積んでいきました」と気合十分に臨んだ。

「何稿か脚本が変わっていくなかで、最終的にあの形になりました。今回の映画で、エキストラの方々を含め、一番出演者が多いシーンでしたし、僕のなかでは、春馬と一騎打ちするというシーンで緊張していたんです。脚本を読んだ時、カットを割って、いろいろな角度から撮っていくんだと想像していましたが、実際はライブに近い撮影で、2回くらいしかやらせてもらえなかったんです。それで監督から『OK!』と言われたので、『ええ~っ!』って思いました」と苦笑する。

「僕としては、もう1回やらせてくれないかなと思ったけど、あれ以上やってたら、きっとねらいすぎになってしまったんでしょうね。また、そのシーンを試写で観た時、僕はめちゃくちゃ背中の芝居をしてて、あれれ?となって。でも、あとから非常に監督の意図を感じました。そのシーンには、いろんな人たちの思惑が全部詰まっていて、才助と弥太郎の勝負ですが、実は亡き龍馬のぶんも背負って、3人の芝居をしていたんだなと思いました」。

五代は薩摩藩士から明治政府役人を経て実業家となり、商都大阪の礎を築いていく [c]2020 「五代友厚」製作委員会
五代は薩摩藩士から明治政府役人を経て実業家となり、商都大阪の礎を築いていく [c]2020 「五代友厚」製作委員会

また西川は本作に出演してみて、三浦春馬と五代友厚が非常に重なったと言う。

「五代友厚という役ですが、ものすごく春馬だったなと感じました。真面目で不器用なところもあるけど、なにか光るものを持っていて、気のおけないところもひっくるめて、三浦春馬そのものだったなと。翔平もみんなもきっと同じ想いだと思いますが、いまだに春馬がもうこの世にいないなんて思えないんです。完成披露試写会だって、たまたまスケジュールが合わなくて来られなかったとか、彼は忙しくて連絡が取れていないだけで、そのうちご飯でも食いにいけるかな、という感じです」。

奇しくも観終わったあと、ラストシーンが深い余韻を残すことになるが、西川は非常に感慨深い表情でしばし言葉を飲み込んだあとこう語った。

「きっとご覧になった皆さんは、そこを意識せざるをえないかもしれないけど、ねらってないってところが悔しいというか…。本作はクランクインするまでにずいぶん時間がかかった作品で、僕もオファーをいただいてからすごく時間があったんです。でも、ようやく撮影ができて完成し、いまに至りますが、いろいろなことを考えてしまいます。ただ、僕としては、この作品のなかに生き続けている春馬を、多くの方に観てほしいと、ただそれだけです」。

取材・文/山崎伸子

元記事で読む