1. トップ
  2. 恋愛
  3. ルックスや年収よりも必須! 婚活市場で勝ち抜くために絶対に必要な●●とは?

ルックスや年収よりも必須! 婚活市場で勝ち抜くために絶対に必要な●●とは?

  • 2015.5.29
  • 7427 views

結婚適齢期が近づき、周りの友達が次々と「ご報告」というタイトルでFacebookをアップしはじめると、いよいよ焦りが出てきます。恋人もいない、気になっている人もいない、それどころかデートもご無沙汰…。そんな状態では、結婚までの道のりが遠く感じてしまうでしょう。

一念発起して婚活市場へ挑んだはいいものの、若さと美しさを兼ね備えた年下の女の子たちがチヤホヤされるばかり。突きつけられる現実に「もう私は一生結婚できないのかもしれない…」なんて打ちひしがれていませんか?

モテるために必要なのは「女子力」ではありません。もっといえば「ルックス」や「年収」ともちょっと違います。それではいったい何が必要なのでしょうか?

美人orイケメンがモテる理由

「ルックス」はそんなに大事でないと書きましたが、容姿が整っていることは相手の人となりを知らずに出会ってすぐの頃は最大の武器になります。なぜなら「目に見えてわかりやすいメリット」だから。特に男性は「可愛ければ性格もなんとなくよくみえてしまう」という病をわずらっていることが多いです。が、実際に見てみても容姿が整っている人って、性格も整っているケースが多いと思いませんか。なぜなら彼らには「自信」があるから。

美人やイケメンがモテるのは、容姿ゆえの異性に対する「自信」が理由です。異性に対して免疫があること、好かれることに対して自信があるため、卑屈になったり人と比べたりすることがありません。よって、相手のことを貶めたり見下したりすることが極端に少ないのです。

「自信」がある人はモテる!

「モテる人は総じて自信がある人」これは定説です。「自信」とは自慢したり、華々しい経歴をもっていたり、容姿が整っていることではありません。「自分が他人から愛される価値のある人間だ」ということを無意識のうちに認めることが自信です。この「自信」さえあれば、年齢がいくつであろうと人から好意を持たれることができます。

反対に、自信がない人は自分自身のことを認められないので、他人から認めてもらおうとし、「モテよう」としてしまいます。「モテたい」「愛されたい」という想いが強いため、相手に媚びを売ったり、相手の言いなりになってしまうこともしばしば。これでは対等の関係は築けません。

内面よりも先に「見た目」を磨け!

そうは言っても「自分に自信なんてもてない…」「自分を受け入れることなんてできない…」なんて思う人もいるでしょう。手っ取り早く自信を持つためには、内面を磨くよりも先に、外見を磨くのをオススメします。なぜなら、外見が変化することで内面の自信もついてくるからです。また、内面だけの変化には時間がかかるもの。

まずは自分でカワイイと思える容姿になること、自分で素敵だと思う部屋に住むために掃除をすること、自分でいいと思う生き方をすること。そうやって目に見えるもから変えていくことで、あなたのなかに揺るぎない「自信」が培われていくはずです。

何も努力せずに「私は愛される価値がある」と思い込むのは難しいもの。まずは自分のことを好きな自分になってみませんか?