1. トップ
  2. 「新生活に不安」櫻坂46・田村保乃と藤吉夏鈴が高3男子にエール

「新生活に不安」櫻坂46・田村保乃と藤吉夏鈴が高3男子にエール

  • 2020.12.10
  • 606 views

櫻坂46の田村保乃さんと藤吉夏鈴さんが、12月9日(水)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのさかた校長、こもり教頭とともに、『逆電握手会』と題し、リスナーと電話をつないで“会話の握手”を楽しみました。そのなかから、18歳の男性リスナーとのやり取りを紹介します。

このリスナーは現在高校3年生です。来春には新社会人として販売の仕事に就くのですが、バイト経験もなく新生活に不安を感じているとのこと。そこで櫻坂46としてのファーストシングル『Nobody's fault』をリリースして新たなスタートを切ったお二人に、アドバイスを求めました。

さかた校長:お二人は、新体制になることについての不安はありましたか?

藤吉:私は不安を抱えるほうなので……でも不安だったら、すごくいいものを作ろうとするじゃないですか。だから不安があったほうがいいのかな、って自分では思っています。

リスナー:なるほど。

さかた校長:たしかに、緊張感のあるほうが気持ちは引き締まりますよね。保乃ちゃんは?

田村:そうですね……私は生きていて、ずっと何かしら不安で(笑)。あまり不安が取れるということが(ないんですけど)……。でも私以外にもそういう人はたくさんいると思うし、特に新しいことを始めるときに不安じゃない人っていないと思うんです。なので、「自分だけじゃないんだ」って思って頑張ってほしいですね。

こもり教頭:うん。

さかた校長:ピンポイントに不安なことってあるの?

リスナー:目上の人もたくさんいるので、人間関係がうまくいくのかな、というのがありますね。

こもり教頭:(櫻坂46の)グループ内でも年齢差ってありますよね。上下関係とかは意識されますか?

田村:1期生と2期生だったら1期生さんが先輩なので、年上年下関係なく先輩なんですけど……2期生はどれだけ歳が離れていても、同期なのでみんな同じという感じですね。

藤吉:私の場合は、1期生さんはみんな年上なんです。なので、もともと敬語で話しています。

こもり教頭:先輩と話すのは得意ですか?

藤吉:いや、学校でも人見知りだったので……それは今でもありますね。

こもり教頭:でも、コミュニケーションはとらないといけないですよね。どうしているんですか?

藤吉:えぇ~……どうしているんですかね?(笑)。でもみなさん優しくて、1期生さんのほうから歩み寄ってくださっているので……私が人見知りでも来てくださっている、という状況です……(笑)。

さかた校長:(笑)。学校では2コ上がマックスだもんね。(リスナーは)先生とはまた違う、職場の仲間たちと……もしかしたら、親世代の人たちと一緒に働くことになるからね。

リスナー:そうですね。

さかた校長:そこはなぁ、いきなり慣れるのは難しいだろうね。でもお二人もこの仕事をしていたら、すごい大人の人たちもめちゃめちゃいるわけじゃないですか。その辺は対応できました?

藤吉:私はすごく歳が離れていたり大人な方だったりすると、逆にしゃべりやすいですね。

さかた校長:年上のほうが気を遣わない、とかですか?

藤吉:……なんなんですかね?!(笑)。

こもり教頭:でも歳の近いほうが、気を遣うにも言葉遣いから難しいけど、すごく離れている人のほうが(敬語を使えばいいので)話しやすいかもしれないですね。

藤吉:そうですね。

さかた校長:じゃあ4月に向けて、お二人からエール的なものをもらってもいいですか?

田村・藤吉:はい!

田村:すごく大変だと思いますし不安もあると思うんですけど、自分を見失わないように、無理しないように、頑張ってください! 応援しています。

藤吉:一緒に頑張りましょう!!

リスナー:ありがとうございます。頑張ります!

<番組概要>

番組名:SCHOOL OF LOCK!

パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭

放送日時:月~金曜 22:00~23:55

番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

元記事で読む