1. トップ
  2. 櫻坂46・田村保乃&藤吉夏鈴「活動できていることがありがたい」

櫻坂46・田村保乃&藤吉夏鈴「活動できていることがありがたい」

  • 2020.12.10
  • 746 views

櫻坂46の田村保乃さんと藤吉夏鈴さんが、12月9日(水)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。前日に開催された「デビューカウントダウンライブ!!」や、この日、ファーストシングル『Nobody's fault』を新体制でリリースした感想など、パーソナリティのさかた校長、こもり教頭の質問に答えました。

さかた校長:櫻坂46としてのデビューおめでとうございます! (欅坂46から改名し)今回から新体制となりましたが?

田村:グループが変わってそれぞれ思うことはあると思うんですけど、ひとつの所に向かって走って行きたいし、なんだろう……そう感じていただけるように頑張りたいな、ということはみんな思っていると思います。

こもり教頭:今年はいろんなことがありましたけど、これからが第一歩ということで、楽しみのほうが大きいですか?

藤吉:新しいことができるのが嬉しいです。櫻坂になる前は停滞していて……何も活動できない時期もあったので、こうやって活動できていることがありがたいな、と思います。

さかた校長:昨日(8日に)「デビューカウントダウンライブ!!」が行われましたけど、いかがでしたか?

田村:いやぁ~……(笑)。

藤吉:(笑)。

さかた校長:二人が顔を綺麗に見合わせましたけど(笑)。

こもり教頭:昨日の今日だから、“興奮冷めやらぬ”という感じですか?

田村:そうですね。初めて披露する曲がほとんどで……テレビでも「Nobody's fault」しか披露したことがないなかで全曲披露したんですけど。正直「どうだったのかな?」と、みなさんの反応も気になりますね。

さかた校長:初めて披露する曲が多かったのなら、すごく緊張したんじゃないですか?

田村:そうですね……緊張もしましたけど、覚える曲数もそれなりにあったので「大丈夫かな?」という不安もありましたね。

藤吉:はい。

こもり教頭:配信でのライブもなかなか慣れないと思いますが、あっという間に終わった感じですか?

田村:うん……早かったくない?

藤吉:すっごい早かった。

田村:一瞬でした。練習期間もすごく短くて、そのなかで披露したので、不安もありましたね。

こもり教頭:そんななかでも届けられたのは、大きかったですよね?

田村:そうですね。しかも今回は映画館でのライブビューイングだったので、大きなスクリーンと大音量? ……大音響?(笑) を、楽しんでもらえたんじゃないかな、と思います。

【櫻坂46 『なぜ 恋をして来なかったんだろう?』】

さかた校長:(「Nobody's fault」のカップリング曲)「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」のセンターは夏鈴ちゃんなんですよね。ミュージックビデオも美しいシーンが多くてすごく良かったです。

藤吉:ありがとうございます。

さかた校長:撮影は大変でしたか?

藤吉:すごい大変でしたね。やっぱり……大変でした(笑)。

こもり教頭:言葉を飲み込むくらい大変だったんですね(笑)。カット割りを見ていると、このシーンでは何回ダンスを踊ったんだろうとか思いました。角度違いとか、この人狙いとか……ありますよね?!

田村・藤吉:(笑)。

さかた校長:1日で撮れるものなんですか?

藤吉:あれは2日かかりました。

さかた校長:それでも2日で撮れるんですね。

藤吉:朝早くから夜遅い時間まで……させていただきました。

【櫻坂46 『Nobody's fault』】

さかた校長:「Nobody's fault」のミュージックビデオ撮影も大変だったんですか?

藤吉:山に登ったりしたので、虫がすごい飛んでいたんです。ちっちゃい羽根の生えた虫がウジャウジャ~っといたんですけど、虫に向かって走らなきゃいけなかったのですごく嫌でした(笑)。

さかた校長:虫は嫌いですか?

藤吉:嫌いですよ!(笑)。

こもり教頭:(笑)。今日から再スタートですけど、意気込みのほうはどうですか?

田村:そうですね……まずは櫻坂46をたくさんの人に知っていただきたいな、ということと、このファーストシングルを深くお届けできたらな、と。これからみんなで頑張っていきたいな、と思っています。

<番組概要>

番組名:SCHOOL OF LOCK!

パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭

放送日時:月~金曜 22:00~23:55

番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

元記事で読む