1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 2021年の手帳はこう使う

2021年の手帳はこう使う

  • 2020.12.9
  • 4061 views

マンスリー手帳だけでは予定を管理しきれなくなった!
カレンダーアプリだけでは予定を管理しきれない!
うっかり「やり忘れ」が多くて・・・
という方の困ったを解決する手帳の使い方と選び方について説明します。

▼材料

・ 手帳:1冊

■月間スケジュール欄に記入するもの

月間スケジュール欄へ記入するのは
・打ち合わせ
・人と会う予定
・レッスン時間
など、決まっている「予定」のみを書きます。
略語を使って短く記入したり、色分けをするなど工夫をしてみてください。

■1日にやる事を書き出していきましょう

1日1ページタイプの手帳を使います。
予定を縦軸に書く
その日やるべき事を大きくメモしておく
忘れがちなやるべき事をすべて書き出しておく→完了したら消し込みします

■1日に使ったお金の記録にも使える

1日1ページタイプの手帳は沢山記入できます。
その日に使ったお金の記録をメモしたり。家計簿のように使ってもOK。

■コンパクトになる手帳が便利

TETEFUという手帳は開いた状態はA4サイズですが、ハンカチのように折りたたむ事ができます。
写真は4つ折りした後の状態。

■スマホとセットして持ち運ぶ

ゴムバンドにスマホを挟んで持ち歩けます。

■ コツ・ポイント

何もかも月間スケジュールに書き込む方がいらっしゃいますが、予定とやる事をわける事が大切です。
※やる事は月間スケジュールへは書かないのがポイント。

忙しい!!やる事が沢山すぎて・・・・という方はその元になっているものを書き出して見える化してみましょう。

書き出す事で頭と心の整理がつきますよ。

※使用した手帳
ユメキロック TETEFU マンスリー&デイリー版

暮らしニスタ/ユメキロック(伊藤手帳株式会社)さん

元記事で読む
の記事をもっとみる