1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【フルマラ超え?】心臓破りのドイツ村ランニングジャンボリーに参戦!

【フルマラ超え?】心臓破りのドイツ村ランニングジャンボリーに参戦!

  • 2015.5.29
  • 1977 views

【フルマラ超え?】心臓破りのドイツ村ランニングジャンボリーに参戦!

【美人部ニュース】vol.5 文・斉藤あいこ

「自分からキレイになる!」をモットーに、美と健康について学び、ますます健やかでハッピーな美人になるために、今年4月に発足された「総研美人部」。その第2回目の活動として、5月16日に千葉県ドイツ村で行われたイベントに参戦してきました。

バスで出発!

左から、高木晴香さん(no.142)、平沢由貴さん(no.75)、木下紗安佳さん(no.53)、村上ゆきさん(no.172)。 今回は特別にバスをチャーターしたマラソン部。朝8時に銀座に集合し、現地へ出発。勝負はもうここから始まっています。恒例のランポーズで気合いを入れます。

村上さんと高木さん。 出発前からウェア姿でやる気満々の村上さん、遠足気分で楽しいと朝からテンション上がってます。大会に向けて体調は万全! と思いきや、「昨日は遅くまで仕事に追われて3時間しか寝てなーい」という声も。睡眠不足を補うためにも、おにぎりと爽健美茶でしっかりエネルギー補給!

ドイツ村ランニングジャンボリー

バスに揺られること90分、千葉県にある東京ドイツ村に到着! 広大な草原の総面積は東京ドームなんと19個分。その気持ちよすぎるほど広ーい芝生を活かしてリレーマラソンをしようというのが今回のイベントです。1人〜8人のチームで、一周1.5kmのコースを3時間リレーし続け、走った総距離を競います。

エイ!エイ!オー! 今回もおなじみ、小野塚コーチが駆けつけてくれました。いつもの個人別マラソンとは違い、チームの結束力を試されるのがリレーマラソン。しかも今回は3時間と長丁場! メンバーはお揃いのMIZUNOの+me新作ウェアに着替え、結束を固めます。円陣を組んで、いざ出陣!

先陣をきったのは高木さん。 まず最初の走者は高木さん。自然豊かな草原を活かしたコースは、急な下り坂や緩やかな長い上り坂で体力とペースを奪います。開始5分、早くも最初の難関である500mの上り坂に苦戦。短い距離でも地味にきつい!!

高木さんから平沢さんへバトンパス! 5分前後で戻ってきた高木さんから平沢さんにバトンパス! 「1周1.5キロと聞いて、2〜3周交代でも余裕と思っていたけど、いざ走るとコースの高低差がすごくて1周交代でほんとよかったー!」と安堵の表情でコメントしてくれた高木さん。

草原でのランを一番楽しみにしていた平沢さん。 つづく平沢さん。同じく経験したことのない高低差にペースを上げられません。追い打ちをかけるように、雨も本降りになってきて、足元が不安定に。まだまだ始まったばかりなのに、アンアン総研マラソン部、早くもピンチです!! 残り2時間50分、4人のメンバーで完走できるのか!?

でもそんなの関係ねぇ!

ソニーモバイルコミュニケーションズの「SmartWatch 3」を使って、タイムを計測する小野塚コーチ。 ドイツ村のリレーマラソンは、駅伝などの通常のリレーとは違い、短い距離を一人のランナーが何週もするため、各人のタイムが明確にでないという特徴があります。その分、個人の感じるプレッシャーが少なくなり、リラックスして走れるというメリットがありますが、油断は禁物。そこは小野塚コーチがぬかりなくタイムを計測。メンバーそれぞれの走りをチェック。

「SmartWatch 3」は防水だから雨でも使える! 防水のランニング用ウォッチなので、このどしゃ降りでも余裕の計測。「SmartWatch 3」には、スマホならぬスマウォ機能が満載。万歩計、消費カロリー計算、位置情報はもちろん、天気や交通情報、メールの送信や音楽再生までできちゃう優れもの。音声入力にも対応しているから、走りながら声だけで操作可能なんです。

頭脳派マラソンで急成長中の新メンバー村上さん。 つづく村上さんも防水携帯。バトンを待つ間に、爽健美茶の“すこやかリフレッシュ”ボトルにプリントしてあるシリアルコードを入力して、爽健美音をダウンロード。きついコースでも楽しく走りきるための工夫は大切。

苦手な坂道のコースを克服したい、このランに挑んだ木下さん。 そして、最後のランナーはエース木下さん。今日のメンバーの中で唯一のフルマラソン完走者です。限界を向かえたメンバーの代わりに、最後は多めに走りました。「ここまで来ると雨も逆に気持ちいい! 炎天下の暑い中で走るよりもずっと走りやすいです」と爽健美茶を片手にやりきった表情。

アテネ世界選手権、銅メダリストの千葉真子選手と一緒に。 高低差の激しいコースと降り続いた雨に苦戦しながらも、なんとか4人で3時間を走り終えました! 途中で一人も交代したり、歩いてしまうことなく、タイムを意識したランで106チーム中、40位だったアンアン総研マラソン部。周回数27で、トップチームからはマイナス15周という結果に。今回苦戦した坂道を克服して、次回は表彰台を狙いたいところです。ゴール地点では、大会オフィシャルサポーターの千葉選手が駆けつけてくれました。

ご褒美BBQ!

ドイツ村ランニングジャンボリーのもう一つのメインイベントが、ランニング後の合同BBQ大会。思いっきり走って汗を流したあとは、参加者400人全員で乾杯!

カンパーイ! ランニング場から移動なしで、準備も片付けも不要。ウェアのままで食べるだけ食べて、たくさん飲んで、頑張った自分にご褒美タイム♡今日のランニングの反省会や次の大会に向けて、熱く語り合うメンバーたち。

焼きそばを片手に今日の走りについて語り合う高木さんと村上さん。 「自然の中で走れるってとこが凄く気持ちよかったです!マラソンってやっぱりストレス解消にもなるし、爽快感がすごかったですね。」(木下さん)

「3時間は凄く長かったけど、毎回毎回スタート地点に戻る度にコーチ含めみんながゴールで待っててくれてて、それがすごい走る原動力になりました!」(平沢さん)

「ゴールの順位が明確だと、一人一人のタイムがとても気になりプレッシャーになるんですが、今回は、タイムよりも、走りきることに集中できました。」(村上さん)

「スタート地点に向かうと、雨が本降りで、化粧は落ちるし、水たまりだらけだし、開始早々3時間完走がすごく不安になりました。途中、『わーまだあと2時間もあるー!』と思うくらい、けっこう長く感じたのですが、みんなでタスキをつないで頑張るというのはとても達成感がありました。」(高木さん)

最後にメンバーの生の声をお聞き下さい♡

4つのカラーの爽健美茶が登場! マラソンの間に飲んでいた爽健美茶は、5月11日から期間限定で新パッケージで生まれ変わったばかり。それだけでなく、爽健美茶のサイトにアクセスし、ボトルにプリントしてあるコードを入れると、“すっきり目覚め”、“すこやかリフレッシュ”、“こころデトックス”、“ぐっすり快眠”といった1日の4つのシーンに合わせ、それぞれのキレイを音楽心理学で追求した名曲アレンジを聴くことができるんだとか。

以上、【美人部ニュース】vol.4でした!

次回も“飲んでキレイ、聴いてキレイ”を追求する爽健美茶をパートナーに迎え、「ホットヨガ&セルフケアセミナー」の模様をレポート。

乞うご期待♡

Information

東京ドイツ村

http://t-doitsumura.co.jp/

〒299-0204 千葉県袖ケ浦市永吉419

【営業時間】 9:30~17:00(最終入園16:00)

TEL:0438-60-5511

「爽健美茶」ブランドサイト

http://www.sokenbicha.jp/

「爽健美茶」公式ツイッター

@SokenbichaJapan

「SmartWatch 3」公式サイト

http://www.sonymobile.co.jp/product/smartwear/swr50/

「総研美人部」公式ブログ

http://anansoken.magazineworld.jp/blog/bijinbu/

「総研美人部」公式ツイッター

@sokenbijinbu