1. トップ
  2. レシピ
  3. 【今日のインサイト】ダイエット中に食べたい!低カロリー食材○○でできたラーメン&焼きそば実食レポ

【今日のインサイト】ダイエット中に食べたい!低カロリー食材○○でできたラーメン&焼きそば実食レポ

  • 2015.5.29
  • 14717 views

5月29日は、“5(こ)・2(に)・9(く)”のゴロ合わせ、そして、こんにゃくの種芋の植え付けが5月に行われることから、1989年に全国こんにゃく協同組合連合会が「こんにゃくの日」と制定したそう。

そんな「こんにゃく」は、低カロリーで、食物繊維やカルシウムが豊富。ダイエットの強い味方として、“置き換え食材”として用いられることも多い食材ですよね。

そこで本日紹介するのは、コチラ!

ラーメン、じゃありませんよ。

この麺、れっきとした「こんにゃく」なんです!

こちらは、ヨコオデイリーフーズから発売されている『こんにゃく(蒟蒻ラーメン/しょうゆ)』『こんにゃく(蒟蒻ソース焼きそば)』に使われている「こんにゃく麺」。

麺だけちょっと味見をしてみましたが……まぎれもない「こんにゃく」です。味も食感も。でも、一般的なこんにゃくに比べると、独特のこんにゃく臭がありません。これは麺として、食べやすそうです。

ダイエットレシピで、ラーメンやパスタなどを「しらたき」で代用するというのはよく見かけますが、味はおいしくても、やっぱり“こんにゃくを食べている感”が否めない……。でもこれなら、ちゃんとラーメンや焼きそばを食べている感覚を味わえます。こんにゃくが黄色になると、ラーメンや焼きそばの麺に見えるなんて!

パッケージには、“こんにゃく芋の生産量は群馬県が日本一です!!”とあります。

こんにゃくに強いこだわりを持った群馬県だからこそ、誕生したアイディア商品ですよね。

早速、袋の裏面に記載されている作り方を参考に、調理してみました。

前回チャンレジした「伊達巻」では、いろいろ問題が発生しましたが、今回のこんにゃくクッキングは、市販の材料に具材をのっけるだけor野菜を混ぜて焼くだけ、なので大きな失敗はないと思います。

まずは、1食69kcalの『しょうゆラーメン』から。こんにゃく麺を軽く水洗いして、熱湯で1分温める。時間が経ったらお湯をきって、どんぶりにスープと熱湯を入れ、こんにゃく麺、好みの具を入れて完成。

なんて簡単でしょうか! 冷蔵庫の中にあるもので、できてしまいます。あ、チャーシューだけなかったので、家にあった豚バラで即席チャーシューにしてみました。

いざ、実食! しょうゆラーメン……しょうゆラーメン……しょうゆ……ラーメン? 麺の食感はやはり「こんにゃく」でした。でも、濃いめのしょうゆスープと具材のおかげで、間違いなく、しょうゆラーメンを食べている気分です。

お次は、1食52kcalの『ソース焼きそば』をいただきます。これも野菜やしいたけ、豚肉を適当に切って、麺と一緒に炒めてソースをからめて完成です。

ちなみに、こんにゃくには水分がたくさん含まれているので、野菜などを炒める前に、こんにゃく麺だけ先に空炒りします。けっこう水分が出てくるので、空炒りしないとべちゃべちゃの焼きそばになりそう。この工程はかなり重要です。

こちらもあっという間に完成しました。食べてみると、やはり麺の食感はこんにゃくなのですが、焼きそばです! 野菜を多めに入れたつもりでしたが、ソースの量がけっこうあるので、もっと入れてもよかったかも……。

と、2食を1回で食べたわけではなく、昼にラーメン、夜に焼きそばを食べましたが、どちらも具だくさんにして、よく噛んで食べたこともあり、食べ応えは文句なし。腹持ちもなかなかよかった気がします。ただちょっと味が濃いめなので、野菜はけっこうたくさん入れるといいかも。

具材をのせたり混ぜたりすると、カロリーはその分プラスされるとはいえ、一般的な、ラーメンや焼きそばに比べたら、かなりのカロリーダウン! 食べ応えがあるので、ダイエット中の人もそうじゃない人のお腹も満たしてくれる、はず! (さとうのりこ)