1. トップ
  2. 「自分で体を動かして腰痛を改善!」ガッチガチの体をゆるめる寝ながらエクササイズ【腰痛編】

「自分で体を動かして腰痛を改善!」ガッチガチの体をゆるめる寝ながらエクササイズ【腰痛編】

  • 2020.12.5
  • 2473 views
ガッチガチの体をゆるめ〜る〜「寝ながらエクササイズ」
ガッチガチの体をゆるめ〜る〜「寝ながらエクササイズ」

準備いらずで思いついた時にすぐできる!テニスボールですっきり体ほぐし!

冷えを感じる日が増えてきました。

それに伴い、腰まわりにズーンとした重みが…。

でもマッサージにも行けないし激しい運動はちょっと…とブツブツいっていたら、吉原先生が、超ラクチンエクササイズを教えてくれました!

教えてくれたのは▷腰博士/吉原 潔 先生
教えてくれたのは▷腰博士/吉原 潔 先生

教えてくれたのは▷腰博士/吉原 潔 先生

アレックス脊椎クリニック院長。医学博士。

脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなど脊椎内視鏡手術のスペシャリスト。

現役の整形外科医にして、スポーツトレーナーの資格も持つ、「鬼に金棒」状態で、プロアスリートからの信頼も厚い。

『脊柱管狭窄症自力克服大全』(わかさ出版)など著書多数。

自分で体を動かすことで、腰痛の9割は改善します

整形外科を受診する患者さんで最も多いのが腰痛。

そもそも一生のうちで一度も腰痛を体験しない人はいないとも。

腰痛は自分で体を動かさないと治りません。

重篤な病気やケガ以外の腰痛の9割は自力で克服できます。

寝ながらヒップリフト

■1▷寝る&両ひざを立てる

1▷寝る&両ひざを立てる
1▷寝る&両ひざを立てる

あおむけになり、ひざを立てます。

足幅は、肩幅くらいに開きます。

■2▷ひざを斜め上方に突き出す

2▷ひざを斜め上方に突き出す
2▷ひざを斜め上方に突き出す

息を吸っておなかをへこませながら、両ひざを斜め上方に突き出していきます。

肛門を締める感覚を意識して、そのまま3秒キープ。

そのあと、床につくギリギリまで腰を下げます。

5~10回繰り返します。

<ここがポイント!>「腰を上げるのではなく、ひざを突き出すことを意識して!」(吉原先生)
<ここがポイント!>「腰を上げるのではなく、ひざを突き出すことを意識して!」(吉原先生)

<ここがポイント!>「腰を上げるのではなく、ひざを突き出すことを意識して!」(吉原先生)

寝ながらかかとタッチ

■1▷両脚を立て、首を持ち上げる

1▷両脚を立て、首を持ち上げる
1▷両脚を立て、首を持ち上げる

すねがまっすぐ立つようにして寝ます。

首を肩甲骨から上に持ち上げます。

■2▷手を伸ばしてかかとをタッチ

2▷手を伸ばしてかかとをタッチ
2▷手を伸ばしてかかとをタッチ

右手で右のかかとをタッチ。

このとき、背中が浮き上がりすぎないように、腰を床に押しつけ、体が斜めに傾かないように意識しましょう。

左手でも同様に。左右交互に10回ずつ行ないましょう。

<ここがポイント!>「腹筋を意識して行ないましょう!」(吉原先生)
<ここがポイント!>「腹筋を意識して行ないましょう!」(吉原先生)

<ここがポイント!>「腹筋を意識して行ないましょう!」(吉原先生)

◆◇◆◇◆◇

<レタスクラブ20年11月号より>

撮影/田辺エリ イラスト/藤本けいこ ヘア&メイク/枝村香織 モデル/小林眞琴 スタイリング/伊藤順子 編集協力/smile editors

元記事で読む