1. トップ
  2. 大倉忠義主演「知ってるワイフ」にAぇ! group・末澤誠也、佐野ひなこらが出演!末澤主演のスピンオフドラマも

大倉忠義主演「知ってるワイフ」にAぇ! group・末澤誠也、佐野ひなこらが出演!末澤主演のスピンオフドラマも

  • 2020.12.4
  • 162 views

大倉忠義が主演、広瀬アリスがヒロインを務める2021年1月7日(木)スタートの木曜劇場「知ってるワイフ」(毎週木曜夜10:00-10:54※初回15分拡大、フジテレビ系)に、Aぇ! group/関西ジャニーズJr.の末澤誠也、佐野ひなこ、安藤ニコの出演が決定した。さらに、今作がフジテレビドラマ初出演、かつゴールデンプライム帯の連続ドラマ初出演となる末澤が主演を務めるスピンオフドラマ「知ってるシノハラ」がFODで独占配信されることも分かった。

【写真を見る】「知ってるワイフ」への出演が発表されている松下洸平、川栄李奈、瀧本美織ら

原作は、2018年に韓国で放送され人気を博した同名ドラマ。恐妻家におびえる主人公が、タイムスリップという“奇跡”がきっかけで妻を入れ替えたことにより、本当に大切なことは何なのかを模索するファンタジーラブストーリー。

末澤へ佐野が恋心を抱く

末澤は、大倉が演じる主人公・剣崎元春(けんざき・もとはる)と同じ融資課担当の新人行員・篠原恭介を演じる。篠原は、いわゆる“ゆとり教育世代”。頭の回転が速く効率的に仕事をこなし、やりたくないことはやらない。上司の命令に素直に従う元春たちを見ながら、「こんな風にはなりたくない」と思っている。一方で、IT会社の役員を務めている優秀な兄と比較されて育ったため、人からの評価に敏感。そんな劣等感を悟られないようにクールな人物を気取っているが、実は繊細で心優しい青年だ。末澤は、事務所の先輩で同じ関西出身の大倉とは初共演となる。

一方、佐野が演じるのは元春の同僚で、窓口課担当の尾形恵海(えみ)。尾形は、仕事も頑張り、プライベートにも全力なアグレッシブな女性。何事にも積極的な性格で、ストレス発散は一人でバッティングセンターに行くこと。また、ファッションや美容などへの関心も高く努力を怠らず、男性からのアプローチが途絶えない自他共に認める“モテ女子”。周囲からは恋愛経験豊富に見られがちだが、実は「人を好きになるとは?本当の恋ってなんだろう?」と考えてしまうピュアな一面も。年齢の近い静香(安藤)とはプライベートでも仲が良く、仕事でも良きチームプレーを発揮する。

佐野がフジテレビドラマに出演するのは、「好きな人がいること」(2016年)以来、4年ぶり。安藤との名コンビぶりや、積極的な恵海の篠原への恋心も見どころの一つとなり、ラブストーリーを盛り上げていく。

そして、安藤が演じるのは元春の同僚で、窓口課担当の樋口静香。静香は、普段は物静かだが、自分の信念をしっかりと持っており、篠原や恵海が悩んでいれば、励まそうと懸命に向き合う優しい女性。しかし、恋愛となると別。意識し過ぎて、相手とうまく意思疎通がとれないのが悩み。恵海に誘われて合コンに参加するが、緊張し過ぎて楽しめない。自分とは正反対のアグレッシブな恵海を見ながら「あんな風に生きてみたい」と憧れている。そんな鬱憤(うっぷん)を晴らすべく、週末はライブ三昧で、普段からは想像もつかないようなテンションで盛り上がっているらしい。

モデルとして活躍しながら、2018年から俳優活動もしている安藤。フジテレビのゴールデンプライム帯の連続ドラマに出演するのは本作が初。ことし成人を迎えた安藤が、“オフィスラブ”に挑む。

スピンオフドラマで末澤×佐野×安藤の三角関係の行方を描く

末澤演じる篠原を主人公に描くスピンオフドラマ「知ってるシノハラ」には、地上波ドラマのレギュラーメンバーであり職場の先輩・尾形恵海(佐野)、樋口静香(安藤)も出演する。恋人と別れたばかりで傷心の篠原だったが、職場で特別な感情を抱く存在がいることに気付く。一方、篠原のことを“変わった新人”と思っていた恵海と静香の心境にも変化が。そして篠原の不器用な恋心が、予想外の三角関係へと発展させてしまうことに。

地上波ドラマで垣間見える三角関係の行方をユーモラスに描くスピンオフドラマは、地上波初回放送終了後(2021年1月7日[木]夜11:09頃)に第1話が配信される。以降、毎週木曜の番組終了後(夜10:54頃)に配信予定。他のレギュラーメンバーたちのサプライズ登場も予定されている。

末澤誠也 コメント

――今作のオファーを受けた際の心境について

オーディションを受けさせていただき、結果を聞いた時は素直に喜びと驚きが同時にきました。連続ドラマにレギュラー出演するのが一つの目標でもあったので、自分なりの表現の仕方で、全身全霊で挑ませていただきました。それだけでなく、FODで配信されるスピンオフドラマ「知ってるシノハラ」では、まさかの主演を務めさせていただけることになり…全く想像していなかったことでしたので、実感がなかなか湧いてこなかったんですが、台本を頂いた時に、本当なんだ…と改めて責任感と喜びが込み上げてきました。

――今作の役柄について

監督から、篠原恭介は今時の感じの子であまり感情が表に出ないタイプと言われていたので、自分とは真逆で苦労した部分もありました。篠原恭介という役を皆さんに愛していただけるよう精一杯取り組ませていただきましたので、見てくださった方に少しイラっと、でも、憎めないなぁ…と思っていただけるとうれしいです。

――見どころなど視聴者の方へメッセージ

今の時代だからこそ伝わるメッセージがあり、大切な人だからこそ、もっと大切にしようと改めて気付かされるストーリーだと思います。「知ってるシノハラ」では、篠原恭介の違った一面を見ていただけますので、本放送もスピンオフドラマもどちらも明るく楽しんでいただけるとうれしいです。

佐野ひなこ コメント

――今作のオファーを受けた際の心境について

日頃から韓国ドラマが大好きで、今回、日本でのリメーク版に出演できることはとても楽しみでした。

――今作の役柄について

広瀬アリスさん演じる澪さんと同僚となるあおい銀行の行員での出演ですが、銀行員役は初めてです。オフィスや制服と新鮮なものに囲まれた撮影期間でした。ちょっぴりスパイスになるような恵海のかわいらしさや、時に人情味あふれた熱い愛されキャラを楽しんでいただけたらうれしいです。

――見どころなど視聴者の方へメッセージ

FODで配信されるスピンオフでは、篠原くんを中心に私たちあおい銀行チームを舞台にまさかの三角関係(?)が勃発します。コミカルに楽しめる作品ですので本編との同時視聴よろしくお願いします。お楽しみに。

安藤ニコ コメント

――今作のオファーを受けた際の心境について

こんなにもすてきなキャストやスタッフの方々とご一緒できて本当にうれしく思います。

出演が決まった時は、共演者の皆さんについていけるよう、必死に頑張る思いでいっぱいでした。最初は不安などもありましたが、現場の雰囲気とキャストの皆さん、スタッフの皆さんの助けもあり、とても楽しく演じさせていただきました。韓国だけでなく、世界中で愛されているドラマをベースに作られた本作に携われた事を光栄に思います。

――今作の役柄について

樋口静香はとてもピュアでおとなしい子でありながらも少し抜けていたり、天然な要素もあったり、演じる上でそのバランスを大切にしたいと思いました。また、銀行で働いている皆さんとの掛け合いなどがとても愉快で、ほほ笑ましく、一緒にお芝居をするのがとても楽しかったです。冷静に着々と仕事をこなしていく一方で、恋愛に対しては不器用な静香の真面目で素直な姿に注目していただけるとうれしいです。

――見どころなど視聴者の方へメッセージ

「知ってるワイフ」はきっと誰もが一度は思ったことのある“過去に戻りたい”という思いをファンタジーと現実の掛け合いを通して描いた作品です。過去への思いをたどって行くと共に、今、目の前にある生活の大切さに気付ける作品だと思います。ラブコメディーという事で、笑って、ときめくシーンがたくさんありながらも、自分の今の状況や、周りの人々に対して考えさせられる感動的な作品でもあります。

「知ってるシノハラ」では本編でも印象に残る憎めないキャラの篠原くんがさまざまな面白おかしい展開になっています。回を重ねるごとに篠原くんのことをもっと好きになっていくと思います。篠原くんと静香の関係性の変化も楽しみにしていただけるとうれしいです。

「知ってるワイフ」イントロダクション

剣崎元春(大倉忠義)は「あおい銀行」融資課に勤め、結婚5年目で2児の父親。職場では上司から業績を上げろと叱責(しっせき)され、仕事に疲れ果てて帰ると妻・剣崎澪(みお/広瀬アリス)から怒鳴られる、肩身の狭い毎日を過ごしている。同僚と飲みに行っては「澪はモンスターだ…」と愚痴をこぼすも、周りは結婚しても幸せそうで、自分だけが貧乏くじを引かされたのでは?と不満を抱いている。

一方の澪も、仕事を言い訳に家事と育児を押し付けては、酔っ払って帰ってくる元春が憎たらしくてたまらない。パート仕事や母の介護、元春にも協力してほしいのにろくに話も聞いてもらえず孤独を感じている。学生時代に互いにひかれ合って結婚したはずが、当初のラブラブ生活はどこへやら。二人の共通の思いは「なんでこの人と結婚してしまったのだろう」。

そんな矢先、元春は街中で話しかけられた男からもらった500円硬貨がきっかけで、突然学生時代にタイムスリップしてしまう。そして、「過去に戻って選択を変えれば、妻が替わり、人生も変わるのでは!?」ともくろむ。しかし、もう一つの選択をして理想の人生を手に入れ、有頂天の元春の前に現れたのは澪だった。

元記事で読む
の記事をもっとみる