1. トップ
  2. 「コールドケース3」完成披露会見で、永山絢斗がまさかの「取り調べ」に“完落ち”!?

「コールドケース3」完成披露会見で、永山絢斗がまさかの「取り調べ」に“完落ち”!?

  • 2020.12.3
  • 427 views
「コールドケース3」完成報告会見に登壇した(左から)波多野貴文監督、光石研、三浦友和、吉田羊、永山絢斗、滝藤賢一 (c)WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production
「コールドケース3」完成報告会見に登壇した(左から)波多野貴文監督、光石研、三浦友和、吉田羊、永山絢斗、滝藤賢一 (c)WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production

【写真を見る】キャストにまさかの“WOWOW未加入疑惑”が!?

12月5日(土)より、WOWOWプライムにてスタートする「連続ドラマW コールドケース3 ~真実の扉~」。放送を目前に控える中、本作の完成報告会見が東京・有楽町の東京国際フォーラムにて開催され、主演の吉田羊の他主要キャスト陣が集結した。

会見冒頭では、2021年4月1日に開局30周年を迎えるWOWOWの記念企画の数々がVTRにて上映され、豪華かつ多彩なラインナップを披露。今回はその先陣を切る本作から、石川百合役の吉田羊、高木信次郎役の永山絢斗、立川大輔役の滝藤賢一、金子徹役の光石研、本木秀俊役の三浦友和、波多野貴文監督が登場した。

「コールドケースの現場にはホームに帰った安心感がある」(吉田羊)

本作で主演を務めた吉田は、「2月のクランクインから自粛を乗り越えて、皆さまに作品を贈ることができてうれしいです。ゲストが主役であり、ゲストの思いをすくい取っている作品なので、期待してください」とコメント。

その他のメンバーも、「まもなく放送ということでうれしいです」(永山)、「自信を持ってお届けできる名作です」(滝藤)、「スタッフ、キャストと共にコロナ禍で作りました。ぜひ、見てください」(光石)、「全10話全て見たのですが、素晴らしい出来」(三浦)、「ファンの皆さまのおかげでここまできました。感謝しています」(波多野監督)とそれぞれあいさつした。

前作となるシーズン2から2年ぶりの続編となるが、吉田は現場のスタッフやキャスト陣と再会した際の気持ちについて、「ホームに帰った安心感がありました。5年も一緒に仕事をしているので、阿吽の呼吸というか…」と自然だったと振り返る。

吉田の相棒役である永山は、「衣装合わせの時はうれしくて、ニタニタしました」と普段のクールなイメージを覆す告白を。さらに、メンバーのボスのような存在である三浦は「学生の時のように、長い休み明けの再会のようでした。みんなとハグしたかったんですが、出来なかったので残念」と発言し、場内が沸いていた。

滝藤賢一がふてくされていた理由とは?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自粛期間には、本作の撮影も中断されていたが、吉田は「この作品の生命力を感じていました。撮り切れると信じて疑いませんでした」と、撮影が半年以上に及んでも不安を感じなかったという。さらにキャスト同士でメールでのやりとりもあり、その繋がりも支えになっていたことを明かした。

一方、滝藤は「撮れるのか心配でした。自分がメインの8話の収録前で自粛となったため、ちょっとふてくされていたんです」と自虐ギャグを飛ばす場面も。すると吉田は「でも(滝藤が演じた)立川のために、シーズン3を作ったんです」とすかさずフォローしてみせ、キャスト同士の仲のよさを伺わせた。

光石は「淡々と粛々と、何事もなく現場を整えてくれたスタッフがカッコ良すぎた」と、スタッフへの感謝を口にする。だが、「光石さん、フェイスシールドをしているのに、気付かないままベビースターを普通に食べようして、ダラダラとこぼしていたんです」と吉田に暴露され、「狙い通り。計算」と反撃し苦笑いなど、コロナ禍における撮影秘話に話が尽きない様子だった。

【写真を見る】キャストにまさかの“WOWOW未加入疑惑”が!? (c)WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production
【写真を見る】キャストにまさかの“WOWOW未加入疑惑”が!? (c)WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production

相棒・吉田からの追い込みに永山絢斗が大ピンチ!

クランクアップ後には、編集をしている波多野監督の元を吉田と三浦が訪ねたそうで、「編集中に気づいたら二人が後ろに居て、びっくりした。そんな俳優さんいますか?」と、キャスト達の“コールドケース愛”を証明するエピソードも次々と飛び出す。吉田が「(本作が)ホームであり、ここに居るとホッとする。お芝居の基本があり、いつでも原点に戻れる」と、この現場を慈しむのも頷ける。

そんな家族のような関係である共演者同士だから知る、互いの素顔や秘密に質問が及ぶと、三浦が「なぜか年長組である自分と光石さんのセリフが多く、言い終わると汗だく。他のメンバーは満足気な顔をして自分たちのセリフを聞いているんです」とボヤく一幕も。

さらに、シーズン2の完成披露試写会時にWOWOWに加入していないことが判明した永山は、吉田から「まだ、加入していないんでしょう?」と指摘されと、「光石さんも加入してないです!」と、その場を濁そうとごまかす永山に、「ちゃんと加入していますから!」ととばっちりを受けるも完全否定する光石と、コント的な流れで大いに盛り上がり、ここでもチームワークの良さを証明してみせた。

最後に吉田は、「5年をかけてチームワークと絆を作りました。進化し成熟し、こだわりや奇跡が集まった作品と自負しています。ファンの皆さまを裏切らない(作品になった)」と、太鼓判を押し、会見を締めくくった。

元記事で読む