1. トップ
  2. Hakubi 新曲『アカツキ』は、コロナ禍で「自分を見つめ直して書けた曲」

Hakubi 新曲『アカツキ』は、コロナ禍で「自分を見つめ直して書けた曲」

  • 2020.12.3
  • 153 views

京都発3ピースバンドのHakubiが、12月2日(水)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。11月16日に配信リリースされるデジタルシングル「アカツキ」について、パーソナリティのさかた校長とこもり教頭の質問に答えました。

番組の最後には生演奏も

さかた校長:Hakubi先生は、11月16日に第一弾先行配信シングル「アカツキ」をリリース。おめでとうございます!

Hakubi:ありがとうございます!

さかた校長:聴かせてもらいました。暗い夜の海に、道しるべになるような灯台の光をイメージしたんですけど、もがきながらも何度も立ち上がって進む気概というか、決意みたいなものを感じました。10代の生徒たちに寄り添って、一緒に戦ってくれるような曲だなと思いましたね。

片桐(Vo/Gt.):ありがとうございます。

さかた校長:この曲は、福島中央テレビ開局50周年記念ドラマ(「浜の朝日の嘘つきどもと」)の主題歌なんですね?

片桐:そうですね。初めて書き下ろしさせてもらいました。

さかた校長:どうでしたか?

片桐:このドラマは、竹原ピストルさん演じる夢が破れてしまった映画監督のお話なんですけど……自分はまだ夢を追いかけている立場なのに、夢が破れてしまった人の話を書くことに「どうしたらいいんだろう……」と悩んでいたんです。でもコロナでライブができなくなって立ち止まってしまっていた時期だったので、それとリンクする部分があって。

こもり教頭:うんうん。

片桐:自分をもう一度振り返って、見つめ直して……書けた曲だなと。書けて良かったな、と思える曲でした。

さかた校長:歌詞からは、そういうもどかしさが伝わってきました。たぶん、すごくしんどかったと思うし……走り続けるのは大変なことですけど、何回も走り始めるなぁ、と曲を聴いて感じました。僕たちも曲から勇気をもらいました。

Hakubi:ありがとうございます。

こもり教頭:この楽曲は、2021年に発売されるメジャーデビューアルバムの第一弾先行配信シングルということですが、アルバムは制作中ですか?

片桐:はい。ちょうど今日も、7時間くらいスタジオにこもっていました。楽しみにしていただきたいなと思います。

こもり教頭:その第一弾が「アカツキ」ということですが、Hakubi先生にとってどんな楽曲でどう届けたいと思っていますか?

片桐:そうですね……みなさんに“聴いてもらいたい”と思える曲だなと思っています。学生のみなさんも、コロナで立ち止まってしまったときだったと思うんですけど、もう1回歩き出すきっかけになったらなと思います。

Hakubi - アカツキ【MV】

<番組概要>

番組名:SCHOOL OF LOCK!

パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭

放送日時:月~金曜 22:00~23:55

番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

元記事で読む