1. トップ
  2. 恋愛
  3. ウィズコロナ時代ならではの演出!狂言師&千葉大学の学生による創作狂言

ウィズコロナ時代ならではの演出!狂言師&千葉大学の学生による創作狂言

  • 2020.12.3
  • 732 views

12月5日(土)、千葉県文化会館大ホールにて、狂言師と千葉大学の学生らがともに創り上げた創作狂言「里見八犬伝 其ノ零 再演(エピソードゼロ ニューバージョン)」が上演される。

16年続く地域文化振興プロジェクトの一環

創作狂言「里見八犬伝」は、千葉にまつわる物語や伝承を狂言にし、伝統を繋いでいく「見る、知る、伝える千葉~創作狂言~プロジェクト」の一環。同プロジェクトは平成17年にスタートし、和泉流狂言師・小笠原由祠氏を中心に、千葉大学、NPO法人フォーエヴァー、公益財団法人千葉県文化振興財団、一般参加者が連携し、新たな狂言を創り上げてきた。

“ウィズコロナ時代”ならではの演出で再演

そんな公演が、今年は、平成28年に上演した創作狂言「里見八犬伝」シリーズ第1弾「其ノ零」を、“ウィズコロナ時代”ならではの演出で再演。『勧善懲悪って何だ。』をテーマに、現代社会を風刺し、巧みな言葉遣いやユーモアあふれる動きで笑いを誘う、見どころ満載の作品となっている。

千葉大生は語りで出演

千葉大生は、普遍教育教養展開科目「伝統文化をつくる」において、狂言の舞台制作について学び、チラシ・ポスターやパンフレットの作成、小道具や衣装の制作、広報活動などを実施。今年度は、新型コロナウイルス感染症防止対策の観点から、例年行っている学生と県民が参加するワークショップを行わず、出演者はプロの狂言師・俳優が中心となる。

こうしたさまざまな制限があるなかでも、学生たちは例年同様、精力的に授業に取り組んでおり、当日は舞台へは上がらないものの、声(語り)で出演するという。

公演の詳細

同公演は、12月5日(土)14:00開演。会場は、例年の小ホールではなく大ホールを使用し、十分に座席の距離を保つ。

席は全席自由で、料金は一般2,100円・学生1,000円。チケットは、千葉県文化振興財団HPにて予約することができる。

地域とともに創り上げた創作狂言「里見八犬伝 其ノ零 再演」に、足を運んでみては。

元記事で読む