1. トップ
  2. レシピ
  3. 5月29日はこんにゃくの日!ダイエット中におすすめの調理法

5月29日はこんにゃくの日!ダイエット中におすすめの調理法

  • 2015.5.28
  • 4545 views

お手頃価格で低カロリーなこんにゃくは、実は美肌作りにも役立ってくれる優秀な食材なんです。しらたきご飯や、麺類の代わりの糸こんにゃく、甘辛く味付けしたこんにゃく炒めなどにすれば、お腹も満足してダイエット中の味方になりそう!

■こんにゃくの栄養価

こんにゃくやしらたきは、約97%が水分なのでカロリーはほとんどありませんが、グルコマンナンという食物繊維を含んでいます。食物繊維というと便通を良くしてくれることで有名ですが、食前や食事と同時に摂ると血糖値の上昇を抑える働きもあるので、ダイエット時の糖質の調整にも一役買ってくれます。

■ダイエットにおすすめのこんにゃく調理法

(1)しらたきを白米に混ぜて、ごはんをかさ増し!

しらたきを水洗いして、しらたきの水分が飛ぶまでフライパンで乾煎りします。それをみじん切りにしたものをお米の上に乗せ、通常通りご飯を炊くだけで、しらたきご飯が完成。炭水化物を制限しすぎるのは体に良くないものの、やっぱりカロリーが気になる……という時は、しらたきでかさ増ししたヘルシーご飯を主食にしてみては?

(2)糸こんにゃくはラーメンや生春巻き、チャプチェなど活用の幅広し!

麺のような形状を生かして、あらゆる料理に活用することができます。ラーメンの麺やチャプチェの春雨代わりに活用したり、生春巻きの具にしても、新鮮な食感を楽しむことができますよ。

(3)甘辛く味付けたこんにゃく炒めでメインのおかずに!

こんにゃくを手でちぎり、野菜と共に炒めると、食べ応え十分のメインおかずとして食卓を彩ってくれます。キャベツやにんじんとも好相性なので、野菜炒めのお肉の代わりにこんにゃくを使うのもおすすめ。こんにゃくを一旦冷凍してから料理すると、食感をがらりと変えられますよ。炒め物をする場合は、砂糖と醤油で味付けした甘辛炒めにすると、こんにゃくのおいしさを引き立ててくれるのでおすすめです。

ヘルシー&低カロリー&安価という優秀食材。毎日のおかずに取り入れたいものですね。

(前田紀至子)