1. トップ
  2. ヘア
  3. 注目ワードはレイヤー&ウルフ。透け感たっぷりに仕上げる【最旬きれいめヘア】

注目ワードはレイヤー&ウルフ。透け感たっぷりに仕上げる【最旬きれいめヘア】

  • 2020.12.2
  • 11913 views

きれいめヘアに欠かせない条件として、顔周りのカバー力が高いこと、簡単に似合わせが叶うこと、幅広いスタイリングが可能であることなど様々挙がりますが、抜かりなくトレンドも押さえておきたいもの。そこで今シーズンの注目ワード“レイヤー”&“ウルフ”にフォーカスして最旬のきれいめヘアを手に入れるポイントを紹介します。

(1)小顔見せ&似合わせ簡単な“レイヤースタイル”

“レイヤースタイル”は顔周りを中心にざっくりとレイヤーを入れて、ボリューム感や神流れをコントロールしやすいのが魅力。小顔効果が高く、似合わせも簡単ですし、髪の動きを強調しやすいのでフェミニンな雰囲気を醸せます。

肩口にかかる毛先をラフにワンカールさせつつ顔周りを外巻きに。ふんわり感と抜け感が大人っぽさを引き出します。また、ほつれ感や揺れ感をプラスして、よりイマドキ感の高い大人可愛いスタイルに仕上げましょう。

毛先を切りっぱなしにしたスタイルの場合、大人感をキープするためにも落ち着いたスタイリングで仕上げるのがベター。

一般的に切りっぱなしスタイルは重めな仕上げりになりますが、レイヤースタイルと合わせることで今シーズンらしい透け感たっぷりのスタイルにクラスアップできます。なお、顔周りの重心を低めに設定することが似合わせのポイントです。

(2)おしゃれ度が一気に高まる“ウルフスタイル”

毛先を外ハネ中心にランダムにカールさせた“ウルフスタイル”は、ある程度の長さがあっても重見えしにくいのが魅力。チラリと耳を覗かせるようにスタイリングして、ダウンスタイルでも透け感を演出するのが仕上げのポイントです。

大胆なレイヤースタイルにも見えるウルフスタイルなら、毛先を小さく外ハネに、顔周りを後ろに流すようにスタイリング。大人ムードが自然と高まります。

一方、大きな髪の動きを演出してアンニュイさや可愛さを強調するのもおすすめです。

ざっくり多めに毛束をとり、毛先を大きくワンカール。髪のラフで大きい動きと毛束感でアンニュイな雰囲気をさり気なく強調しましょう。あごラインの細見え効果も高いスタイルなので小顔見せ効果も高く、顔型問わずに似合わせやすいのも魅力です。

今っぽい“透け感”を演出しやすいレイヤースタイル&ウルフスタイルはきれいめヘアの最旬トレンド。似合わせも簡単なので、ぜひ参考に採り入れてみてくださいね。<top image出典:@hair.cm/RINA

元記事で読む