1. トップ
  2. 上田竜也、堂本光一の“変化”を語る「単純に丸くなりましたよね。昔は話し掛けづらいところもありました」

上田竜也、堂本光一の“変化”を語る「単純に丸くなりましたよね。昔は話し掛けづらいところもありました」

  • 2020.12.2
  • 400 views

堂本光一(KinKi Kids)が、12月1日に都内で開催された「Endless SHOCK -Eternal-」製作発表に、上田竜也(KAT-TUN)、越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)、松崎祐介(ふぉ~ゆ~)、梅田彩佳、前田美波里と共に登壇した。

【写真を見る】色っぽい衣装で登場した梅田彩佳

2000年11月の初演「MILLENNIUM SHOCK」(作・構成・演出/ジャニー喜多川)以来、堂本が国内ミュージカル単独主演記録を更新し続ける「SHOCK」。2020年から堂本は主演に加え、作・構成・演出にクレジットされて初めての公演となったが、2月28日以降3月いっぱいまでの帝国劇場公演が新型コロナウイルスの影響で中止に。

9・10月の大阪・梅田芸術劇場メインホール公演では、光一が感染防止を念頭においての演出、構成を施した「Endless SHOCK」のスピンオフとなる「Endless SHOCK -Eternal-」を上演。好評の中、千穐楽まで無事に公演を全うした。

そのスピンオフ作品がメインキャスト続投で、2021年2月4日(木)から3月31日(水)まで帝国劇場でも上演されることに。また、2020年2月の公演中止後に無観客にて撮影した「Endless SHOCK」が、2月1日(月)から2週間限定で全国上映される。

映画「Endless SHOCK」について、堂本は「お客様が入っていない状況なので、クレーンやドローンなどいろんな機材を使い、今までやったことのない撮り方ができていて。別撮りなども加えているので、より映像作品として楽しめ、新鮮なものになっています」と手応えを明かし、「本編は映画で見ていただいて、そのあと劇場でスピンオフを見ていただくのが理想の形です」と笑顔でアピール。

また、今回の帝劇での演出については「そのときの状況を見て、今何ができるかというものを組み込んでいくしかない」と口にし、「マイナスになるようなことをしたくない。いろいろ考え、周りのスタッフと話し合いながら作っていきたい」と明かした。

会見では、堂本以外の共演者に、堂本の“変わったところと変わらないところ”を問う一幕も。

上田は「単純に丸くなりましたよね。昔は話し掛けづらいところもありました」と打ち明け、「役のことなどを1相談したら10まで答えてくれて。最後まで責任を持っていろいろ教えてくれます。少年のかわいさを持ち合わせていて、すごくとっきやすい」と告白。また、「プロ意識、ステージに立つ思いは昔から変わらない」と尊敬の念を。

松崎は「日頃の筋トレからなのか、体力が全然落ちない。年齢と体格が反比例してる」と言い、「そこのプロ意識は変わらない。見習わないといけないところですね」としみじみ。

一方、越岡は「長く付き合わせてもらっていますが、光一くんのいたずらっ子な面は変わらない」と明かし、「僕たちふぉ~ゆ~の主演舞台に光一くんが足を運んでくれたときに、本番終わりに楽屋に戻ると、全てのものがひっくり返っていたんです。昔からありとあらゆるものを逆さにされるんです」と堂本のいたずらを暴露。

堂本は「楽屋で待っているのが暇だったんだよね」と苦笑いしながら弁明し、会場の笑いを誘っていた。

◆取材・文=TAKAMI

元記事で読む