1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【12月の惑星予報】ドラマチックな惑星の移動が続く1カ月 パワフルな変化の波に乗ろう!

【12月の惑星予報】ドラマチックな惑星の移動が続く1カ月 パワフルな変化の波に乗ろう!

  • 2020.12.1
  • 6460 views

――太陽が昼と夜を決め、月が潮の満ち引きを決めるように、普段意識していない天体・惑星も私たちに影響を与えています。惑星予報で1カ月の星の動きを知り、惑星パワーを上手に使っていきましょう!

■12月の惑星予報

『社会的な試練をやり遂げるムード』のち『新しい未来への時間が始まる』

★12月の注目DAY★
(1)12/17……土星が水瓶座に移動。試練のテーマが変わる。
(2)12/19……木星が水瓶座に移動。幸運のありかが変わる。
(3)12/22……木星と土星の大会合。時代的なムードが変わる。

■12月の主な惑星の動き

12月は、時代を象徴する惑星の移動や重なりが続き、まさに時代の転換期ともいえる1カ月。中でも注目すべきは、山羊座に長期滞在していた土星と木星の動き。12月17日に土星が、19日に木星が、ともに山羊座から水瓶座へと移動します。

土星は制御や秩序を司る星、木星は拡大や発展を司る星。この2星座が立て続けに動くことで、これまで「社会的な試練」のテーマとされてきたものや、「発展の運気」を担ってきたものが変化していきます。

そしてこの2星は、移動した後の12月22日にぴったりと重なり合う星回り。20年に一度起きる「グレートコンジャンクション(大会合)」と呼ばれる現象です。これによって、時代的なムードも大きく変わります。加えて、これまでの約200年は、牡牛座・乙女座・山羊座といった「地の星座」で起きていましたが、今回グレートコンジャンクションが起こる水瓶座は「風の星座」。「地の時代」から「風の時代」へと、200年に一度の変化を遂げる始まりのときでもあります。

地の星座が「物質主義や伝統主義」を象徴するのに対して、風の星座は「知性や情報、平等性」を象徴します。これからの世の中は、風の星座が象徴するものが重視され、これまでよりもさらに自由に、ものや場所にとらわれない未来的な社会へと変わっていくでしょう。

しかし惑星同士は、まだまだヘビーな角度を形成した星回りです。「風の時代」になったからといってガラリと変わるのではなく、さまざまな葛藤を経ながら新しい時代を構築していく流れとなるでしょう。個人レベルでは、新たな時流へ向けて内面を成長させていくことを意識すると、これからの幸運をつかみやすくなるはずです。

大変革が訪れる12月。それぞれの星の移動や重なりが、どのような意味を持ち、どのような影響を与えるのか。そして、私たちは何を意識すればいいのか。注目DAYで詳しく解説してきます。

■12月の注目DAYはこう過ごそう!

(1)12/17……ネットや情報ツールの適正使用を意識して
この日、土星が山羊座から水瓶座へと移動します。土星は約2年半、1つの星座に滞在し、成長するための試練を与える星。社会性や国家をあらわす山羊座に土星がいた2018年~2020年は、政治や権力、仕事、会社や組織の問題などに、厳しい見直しと試練が与えられました。水瓶座があらわすことは「未来と平等」「IT・テクノロジー」など。この日を境に、個人の自由が試される時期に入ります。個人レベルの良識や知性を強く問われ、情報を見極めるメディアリテラシーも必要不可欠なスキルとなりそうです。ネットを介したやり取りや、デジタルツールに苦手意識がある人は、馴染む努力を始めてみましょう。

(2)12/19……未来をともにできる仲間を作ろう
土星に続き、この日は木星が山羊座から水瓶座へと移動します。土星と木星はこれからの運気をけん引していく星。土星が与えるのは「試練」「取り組むべきテーマ」ですが、木星は「幸運のありか」「幸せのカギ」を示してくれます。この日から1年、水瓶座が象徴する「自由と博愛」「最新テクノロジー」「未来的でグローバルな視野」などに幸運があります。また水瓶座には、「仲間」というテーマもあるので、目的を共有できるような人とのつながりを作っていくといいときになります。ただし、自由と平等が水瓶座の重要課題なので、価値観の押しつけや束縛、権威的な態度はこれまで以上にタブーになると心得てください。

(3)12/22……新しい時代を迎える準備をしよう
水瓶座の始まりの位置(0度)で土星と木星が重なり、「グレートコンジャンクション」となります。この重なりは20年に一度の大会合であり、ここ200年続いていた「地の星座時代」から「風の星座時代」への大転換期でもあります。年運を司る木星や土星が、水瓶座という風の星座へ移動するだけではなく、大きな星の重なりを伴うため、通常の年運の変化とはレベルが違ってきます。まったく新しい世界へと進むと考えてもいいでしょう。実は、2020年にすでにその萌芽があり、準備段階ともいえる大変容が始まっていました。そのため、2020年に与えられた課題や試練は、これからの20年、さらには200年を作っていく道標になります。未来を見据えて、新たな幸運の芽を育てていきましょう!

12月は、かつてないほどセンセーショナルな星回りが続く1カ月です。意識の切り替えには、15日に起こる、未来志向の射手座日食新月の力を借りるといいでしょう。この日の願いは、時代の変化に乗るための力を後押ししてくれるでしょう。また、グレートコンジャンクションの前日・冬至は、太陽の運気の切り替えポイント。この日に2021年の目標などを定めるのもオススメです。未来へと大きく動き出すことを意識して、大切にこの1カ月を過ごしていきましょう!
(永沢蜜羽)
※画像出典/shutterstock

元記事で読む