1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. あぁ、なんて愛らしい♡独特なワードセンスがクセになる言い間違い5選!

あぁ、なんて愛らしい♡独特なワードセンスがクセになる言い間違い5選!

  • 2020.12.1
  • 2071 views

子どもの言い間違いは、無意識にほかの音に変換していたり、前後の言葉を自由に入れ替えていたりと、いろいろなパターンがあります。SNSでもたびたび「かわい過ぎる!」と話題になっており、子どもの言い間違いに関する投稿も多いです。

 

今回は「あぁ、なんて愛らしい♡独特なワードセンスがクセになる言い間違い」をテーマに、かわいらしい言い間違いをご紹介していきます♪

ひっくり返す言い間違いがかわいい☆ (4歳)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Takico(@takico.8871)がシェアした投稿 -

「クシャミ」が言えなくて「シャクミ」になってしまっています。会話がじょうずになってきても、たまに出る言葉の不安定さがたまりませんね♡

「ケラ」が3回も……!? (2歳)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

みなも(@minamo_life)がシェアした投稿 -

「トリケラトプス」が言えなくて「トリケラケラケラトス」になっています。「ケラ」を3回も言っていますね(笑)。恐竜の名前は難しいものが多いので間違えてしまうのもわかります!

きんのすけって誰ですか!?  (3歳)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

erina.(@harukomanomam)がシェアした投稿 -

「きんもくせい」が「きんのすけ 」になってしまっています(笑)。思わず「誰!?」ってつっこみたくなってしまいますね(笑)。ユニークな言い間違いです♪

サラッと言い間違えてます☆  (4歳)

「マスク」が「マクス」になっています。さり気なく言い間違えているので気づきにくいですが、それもまたかわいいですね☆

1文字違いでかなり違うものに…!!!  (5歳)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

あずき(@azuki_kinakomochi)がシェアした投稿 -

「かんむり」が言えなくて「寒ブリ」になっています! 1文字間違いでとっても惜しいのですが、その1文字違うだけで違うものになってしまいましたね(笑)。

以上、「あぁ、なんて愛らしい♡独特なワードセンスがクセになる言い間違い」をご紹介しました! 「シャクミ」に「トリケラケラトス」、「きんのすけ」など、どの言い間違いもユニークかつかわいくて癒されました♪ 成長とともに子どもはどんどんおしゃべりがじょうずになっていくので、言い間違いをするかわいい時期も大切に過ごしていきたいですね☆

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~5歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日なりますように!

ベビーカレンダー編集部 /キッズライフ取材班

元記事で読む