1. トップ
  2. 恋愛
  3. 年下の彼にどうやって甘えたらいい!彼を飽きさせないスキルを伝授!

年下の彼にどうやって甘えたらいい!彼を飽きさせないスキルを伝授!

  • 2020.11.30
  • 1203 views

年下の彼と付き合っているみなさん!
彼に甘えたくても甘えられなくて悩んではいませんか。


いつも頼りがいがあってお姉さんのような立ち位置のあなた、頼れる自分でいるのそろそろやめてみませんか。


年下の彼氏だって頼られたいと思っているはず!
可愛い自分で彼にアプローチし、ずっと愛される自分でいましょう。


大事なのは適度な隙!ときには気持ちをストレートに伝えるのも効果的です。


ギャップを味方につけ甘えるスキルで永遠の恋を手に入れませんか。
では早速効果的な甘え方を見ていきましょう。

「好き」と言う

年下の彼氏は、あなたに頼られているのか、愛されているのか、不安になるものです。
しっかりしたあなたも素敵ですが、ときには心のうちを彼にぶつけてみましょう。


不意打ちに「好き」と言うのが効果的!
恥ずかしそうに言うのもいいですし、まっすぐと目を見て伝えるのもおすすめです。


きっと彼もドキっとするはず!「僕も」なんて答えてもらえるかも。
口に出さなくても伝わっていると思ったらおおまちがい。


特に歳の差があるカップルは、それだけで不安ですから、適度に気持ちを伝えるようにしましょう。

ピタッと横にくっついて座る

特に手をつなぐ必要はありません。彼の横にピタッとくっついて座ってみてください。
これだけで可愛いと思ってもらえますよ。


特にいつも離れて座るカップルには効果的です。
彼もドキッとして、自然と手をつないでくるかも。


ここで、先ほどもお伝えしたように気持ちを伝えてみるのもいいでしょう。


これで二人の距離も縮まり、あなたのことをより愛おしく感じるはずです。

「やってもらってもいい?」と優しくお願い

通常なら自分でできることであっても、「やって!」とお願いしてみてはいかがでしょうか。


たとえば高い位置にあるものを取ってもらったり、冷蔵庫から何か出してもらうのでもOK!仕事の手伝いでも構いません。


大事なのは彼を頼りにしているとわからせることです。甘えられて嫌な男性はいません。
特に普段しっかりした女性であれば、そのギャップにときめくはずです。


やってもらい過ぎるのもよくありませんが、身近なことからお願いして彼に甘えてみましょう。


なにか手伝ってもらった、たとえ上手くできていなくても「ありがとう。本当助かった」「ありがとう。やろうとする気持ちが嬉しいよ」と嬉しい気持ちを伝えるのが大事です。

まとめ

年上女性を演じる必要はないんです。あなたにだって弱い部分や甘えたい気持ちはあるはず!


気持ちを伝えたり、頼ったりしながら、ぜひ可愛らしい部分を出してみてください。


彼だって、普段見せないあなたの仕草にキュンとさせられること間違いありません。
適度な隙と甘えスキルで彼との恋愛を長続きさせてください。


(ハウコレ編集部)



元記事で読む