そのお弁当大丈夫?食中毒を防ぐお弁当作りのポイント4つ

梅雨から夏にかけて頻発する食中毒。高い気温とじめじめとした湿度は細菌が活動するのに最適な環境です。昨今、オフィスにお弁当を持っていく女性が増加していますが、対策を講じている方は少ないのではないでしょうか。食中毒を未然に予防するためには、「水気を切ること」「殺菌作用のある食材を入れること」「しっかりと加熱すること」「手を清潔にすること」の4つがポイントですよ!

■いかなる時も「水気はNG!」

おかずやご飯が熱いままお弁当に入れるのはNG! きちんと冷ましてから入れましょう。熱いまま入れてしまうと、弁当箱のフタに水滴がついてしまいます。水分は細菌の繁殖に繋がるので、冷ましてから入れるが正解。水洗いをした生野菜や汁気が多い煮物も同様に、しっかりと水気(汁気)を切ってから入れるように心がけましょう。

■抗菌作用のある食品を知る

お酢や梅干しなど、抗菌作用がある食材を積極的に活用しましょう。お米を炊く際、米2合の割合に対して大さじ1のお酢を加えると、菌の増殖を防ぐことができるようです。ハンバーグの種にも少量のお酢をいれて焼くだけで、同じ効果が期待できるのだとか。また、梅干しにも抗菌や殺菌作用があります。クエン酸も含んでいるので夏の疲れにも効果的です。丸ごと1個入れるのではなく、梅肉をお米にまんべんなく混ぜこんであげる方が効果的です。

■しっかりとした加熱調理を

肉や魚、卵はしっかりとした加熱調理をしましょう。電子レンジ調理をする場合は、しっかりと中まで火が通っているか必ずチェックしましょう。

■こまめに手を洗う

手は一番雑菌がつきやすい場所。常に清潔に保つことが食中毒の予防になります。手のひらや甲だけではなく、指の間や爪の間、手首まで、ていねいに洗うように注意しましょう。また、おにぎりを握る際はラップを使うと細菌が付きにくいので衛生的です。

いかがでしたか? 簡単なポイントで食中毒は未然に防ぐことができます。毎日のお弁当作りの参考にしてみてくださいね。

(生井理恵)

元記事を読む
提供元: ごきげん手帖の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理