1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. お金が嫌いだとお金持ちになれない? 金持ちになるための4つの心得

お金が嫌いだとお金持ちになれない? 金持ちになるための4つの心得

  • 2020.11.30
  • 6167 views

突然ですが、あなたはお金好きですか? 嫌いですか?
「お金が嫌いな人なんていないでしょ!」と、多くの方が思うかもしれませんが、本当にそうでしょうか?
実はほとんどの人は、お金が嫌いなのです。それでは、あなたがどれだけお金が嫌いかをこれから証明しみせましょう。

あなたはお金を嫌っていませんか?

とある有名金融コンサルタントの方が語っていました。
「お金持ちと一般人との差は何だと思いますか? それはお金が好きかどうかなんですよ。ほとんどの一般人の方は、お金嫌いなんです」
たとえば、前回のボーナスは何に使いましたか? 何を買いましたか?
「自分へのご褒美にホテルでディナーとエステを1回、バーゲンで服を3枚くらい。ちょこっとコスメや靴も買ったかな」
ほら、お金をもらったとたん、手放してしまったじゃないですか。これがお金嫌いの証拠です。
お金持ちはもれなくお金が好きです。お金を得ることに幸せを感じ、お金を手放すことにストレスを感じるのです。
でもあなたはどうでしょうか? お金を手放すことでストレス発散していませんか?
「お金でモノを買わないのなら、なんのためのお金なの?」そう思った方、これから伝授するお金持ちの心得で、ご自分の考え方とお金持ちの考え方を比べてみてください。

「お金は使わないと成長して増える」

お金は生き物です。使わないで持っておくと「成長する」のです。これを「金利」と呼びます。
もちろん今の日本は未曽有の低金利時代。銀行に預けても0.02%程度しか金利はつかないのですが、少なくとも減ることはありません。
そして何年か経てば、10円でも100円でも「増える」のです。そのことを忘れてはいけないのです。

「お金を育てる」

お金持ちはお金を大切に、わが子のように育てます。母親の愛情のように、ときにはやさしく、ときには厳しく、つねに面倒を見るのを忘れない。だからこそお金に好かれるのです。
タンスに入れっぱなしの可哀想なお金があれば、今すぐ学校(=銀行など金融機関)に入れてあげましょう。
お金は友だちを作って楽しく過ごします。自分のお金に適切だと思えば、転校(=株や投信など)させましょう。
留学(=外貨)もいいですね。お金はますます元気に友だちを作るかもしれません。

「お金は自分の血と汗と涙の結晶」

会社に勤めていると、毎日仕事に行くのは当然で、お給料をもらうのも当然の気持ちになってきます。
でもよく考えてください。100円玉ひとつだって、今自分に仕事があり、自分に仕事をこなすだけの健康と能力があって初めてもらえるのです。
お腹を痛めて生んだわが子のように、大切にしてください。

「価値があるものだけにお金を支払う」

お金持ちはまったくお金を使わないわけではありません。使う必要があると思えば、きちんと使います。
自分の糧になる書籍を購入するのはマル。でも、暇つぶしにゲームソフトを買うのはバツ。
明日大切な人と会うために着ていくスーツを買うのはマル。でも、なんとなくバーゲンで買ったはいいけれど着る機会がなくてタンスに眠るようなブラウスを買うのはバツ。
大切に育てた、わが子のようなお金をお嫁に出すようなものですから、もっと慎重に相手様の価値を見極めなければなりません。

お金持ちになるために重要なこととは?

どうでしょうか? 今までどれだけ自分がお金を「嫌ってきた」か気がつきましたか?
今までより少し考え方を変えて「お金を持ち続ける」ことを考えてみませんか?
ご紹介した4つの心得を本当に実行できれば、あなたはきっと数年後にはお金持ちになっているはずですよ!
お金をわが子のように愛せれば、ついでにいい母親にもなれるかもしれませんね。
(yummy!編集部)



元記事で読む