1. トップ
  2. ヘア
  3. いつもヘアをアップデート!大人のこなれおだんご【おとなメイク実験室】

いつもヘアをアップデート!大人のこなれおだんご【おとなメイク実験室】

  • 2020.11.30
  • 2952 views

抜群のセンスと明るいキャラクターで、GINGERをはじめとする女性誌や美容誌はもちろん、モデルやタレントさんからも引っ張りだこな人気ヘア&メイクアップアーティスト木部明美さん。

今回のWEB連載「木部明美のおとなメイク実験室(キベラボ)」は、大人のまとめ髪。

段々と朝晩の冷え込みが厳しくなり、冬の到来を感じる今日この頃。厚手のニットやコートに袖を通した人も多いのでは? 冬のお出かけスタイルは、どうしてもコートやストール、マフラー、タートルネックなど、首まわりにボリュームが出てモタつきがちに。

そんなときにぴったりの、こなれ感のある大人のまとめ髪をご紹介します。

ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)撮影/勝吉祐介(PEACE MONKEY)スタイリスト/豊島優子モデル/渡辺知夏子

洒落感たっぷり♪大人のこなれゴムだんご

まとめ髪といっても、ポニーテールは若過ぎる印象だし、ただ一つに縛っただけのひっつめヘアではおしゃれ感はゼロ。木部さんのおすすめは、低め、でも上向きにつくる大人のこなれおだんごヘア。

低めの位置で作ることで落ち着いた雰囲気を出し、おだんごをキュッと上向きにすることで老け見えを防止します。また、全体を軽く巻いて、ふんわりとしたボリュームとおくれ毛で動きを出すことも大切なポイント。このとき、髪に束感とツヤがあると疲れた印象に見えません。最初にオイルやバームなどのスタイリング剤を髪全体になじませておくと、まとまりとツヤが出るのでおすすめです。

How to Arrange

1. 髪全体を手グシでひとつにまとめる

ベースに、ヘアアイロンで髪全体を軽く巻いておきます。時間がないときは、髪表面だけでもOK。前髪のおくれ髪を残して、後頭部の低めの位置で手グシでざっくりとひとつにまとめます。  

2. 低めの位置でゴムだんごをつくる

まとめた髪を毛先を残して2つに折りたたみ、根元をゴムで結んでおだんごにします。

この時、おだんごがつぶれないよう、根元にのみゴムを巻き付けていくこと。真後ろから見ると、こんな感じに毛束が縦に折りたたまれている状態。

3. おだんごの向きを縦にチェンジ

おだんご部分を90度回転させ、折りたたんだ毛束が縦になるようにします。毛束の上下を軽く引っ張り、ボリュームを出して。このひと手間で、おだんごがキュッと上向きになって若々しい印象に。

完成!

おだんごは上向き、無造作な束感と前髪のおくれ毛でニュアンスを出すのが、大人のこなれポイント。顔まわりスッキリで小顔効果も!

ほどよい抜け感をプラスして、こなれた雰囲気を演出できる、大人のおだんごヘア。厚着になり重ため印象が増す冬コーデには、こんな軽やかなヘアアレンジでバランスをとって。ゴムひとつで簡単にできるので、ぜひトライしてみてください!

カーキシースルーニット ¥16,000/アメリ(アメリヴィンテージ)シルバー×ゴールドクロスピアス ¥12,000/エナソルーナ

※プライスはすべて税抜です。  

●ショップリスト アメリヴィンテージ TEL:03-6712-7887エナソルーナ TEL:03-3401-0038

元記事で読む