1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【副業20万円ルール】って何?副業の確定申告について

【副業20万円ルール】って何?副業の確定申告について

  • 2020.11.29
  • 5448 views

コロナ禍で、副業を始める人も増えているようです。

副業をする上で、
知っておくべき確定申告のルールについて説明します。

■【副業20万円ルール】とは?

このルールの対象者は、
本業が会社員で給料をもらっていて、
年末調整をしている人です。

給料の他に、副業などの所得がある場合、
その所得が「年間20万円以下」であれば
確定申告しなくていいというルールです。

収入ではなく
「所得」が基準なので、
収入から経費を引いた金額が
20万円以下であればよいのです。

■気をつけたい3つのこと

【本業がフリーランスの人】

本業がフリーランスの人は、
そもそも確定申告をしなければならないので、
副業の所得が20万円以下であっても、
それを含めて確定申告しなくてはなりません。



【他の理由で確定申告する人】

本業が会社員で
副業所得が年間20万円以下であっても、
医療費控除や住宅ローン控除など、
他の理由で確定申告する場合は、
副業の所得額も含めて申告しなければなりません。




【住民税の申告】

この【副業20万円ルール】は
所得税の確定申告だけに適用されるルールなので、
住民税の確定申告には適用されません。

通常、所得税の確定申告を税務署に提出すれば、
それが各自治体にまわり、
住民税の計算もされるのですが、
【副業20万円ルール】が適用され
所得税の確定申告を提出しない場合は、
住民税の確定申告を
各自治体に提出する必要があります。

■まとめ

・本業が会社員で給料の年末調整をした人に適用

・本業がフリーランスなど、
そもそも確定申告が必要な人には適用されない

・年末調整された給与所得者であっても、
確定申告をする場合には適用されない

・このルールは所得税だけの規定で、
住民税の確定申告は別途必要

■ コツ・ポイント

必要のない申告をしてしまったり、申告が漏れてしまったりすることがないよう気をつけましょうね。(エフピーウーマン)

暮らしニスタ/エフピーウーマンさん

元記事で読む