1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「文具女子博2020」ついに開催! 『鬼滅』や文具コスメなど必見ブースを紹介

「文具女子博2020」ついに開催! 『鬼滅』や文具コスメなど必見ブースを紹介

  • 2020.11.27
  • 13152 views
世界各国をイメージした限定アイテム クランクイン! width=
世界各国をイメージした限定アイテム クランクイン!

大手や話題のメーカーの文具を扱うさまざまなショップが揃う「文具女子博2020」が、11月27日(金)から11月29(日)まで、東京・大田区にある東京流通センターにて開催中。広々とした場内には、100店舗を超えるショップが出店し、全部で5万点以上の文房具が揃っています。どこから見ていいか悩んでいるという初心者さんに向けて、チェックしてほしいアイテムや体験を調査してきました!

■イベントを制すには予習が重要!


密を避けるため、各日3ブロックの入れ替え制での実施となった今回。各回の時間は、2時間ずつとなっており、何回も通っているという「文具女子博」玄人の人でも、全部のブースとアイテムをチェックするのは至難の業となっています…。

そこで、まず初心者の人に絶対に行って欲しいのが、とにもかくにも事前チェック! 見てみたいブースや欲しいアイテムがどこにあるのか、それを把握していないかいるかで、このイベントを楽しめるかが変わります。

しかし、お目当てはまだ決まってないけれど、文房具の世界に興味がある! という人もご安心を。会場内は大まかに紙類やシール類、ペン・インク類などに分かれて配置されているので、ぐるりと周回しても十分楽しめます。

■オシャレすぎ!老舗メーカー文具


出店店舗の中には、文具初心者の方でもなじみの深い、老舗メーカーも勢ぞろい。トンボ鉛筆からは、世界各国の料理や食べ物をあしらった、オシャレすぎるテープのりや修正テープが限定で登場。持っているだけで、世界を旅している気分になれます。


日本郵便「KITTE TRAVEL」では、文具ファンからの支持も熱い「ご当地フォルムカード」の東京デザインが並ぶほか、ご当地グルメをデザインした切手などを販売。普段手紙を書かない人も、ついペンを握りたくなるはずです。

■使ってみたい!変わり種グッズ

紙、ペン、インクなど、さまざまなアイテムが集う場内には、おなじみのアイテム以外にも驚くような商品が集結。


オキナは、水に濡れても破けず、文字もにじまない“耐水”のノートとメモを販売。お風呂場やキッチン、アウトドア先でアイディアが浮かんだときも、スムーズにメモがとれます。クセになる書き味で度々話題の、選挙の投票用紙と同じような書き味が楽しめるのも魅力です。


人気アニメ『鬼滅の刃』のアイテムも発見しました! これは、高田織物ブースで販売されている畳縁・置き畳です。畳縁・置き畳は、ハンドメイド素材として注目を集めており、そのまま使用するだけでなく、アイディア次第でペンケースやネクタイなど、自分だけの鬼滅グッズを作ることができます。

■まるで本物!存在感抜群コスメ


文具アイテムだけでなく、文具を模したコスメも複数登場。「フエキ糊」からは、フエキくん型をはじめスティック型の糊の容器を使用したハンドクリームが販売されており、文具を使う機会が少ない人でも文具をそばに感じることができます。


一方、シヤチハタのブースでは、「シヤチハタ」型のリップクリームや、チークが購入可能。本物そのもののビジュアルな上、スティックタイプなのでもち運びもしやすく、さりげなく周囲の人に自慢できちゃいます。

■文具好き必見!体験コーナー


イベントでは、商品の購入のほか、体験コーナーも充実。協賛として参加しているキヤノンのブースでは、インクジェットプリンター「PIXUS」のプリント体験が実施されており、自分のスマートフォンで撮影した写真を実際に印刷できます。手帳に写真を貼ってみたいと思っている人に、オススメの体験です!


また、展示スペースには、会場内で購入したアイテムや手持ちの文具にデコレーションできるスポットも! マスキングテープやスタンプなどを自由に使って遊ぶことができるほか、切手とレターセットを購入すれば、場内のポストから手紙を送ることも可能です。文具は使う機会がないし…と買うのをためらっている人は、まずは自分に手紙を書いてみるのもいいかも知れません。


このほかにも会場内には、オリジナルポーチ制作コーナーや寄せ書きコーナー、くじ引きコーナーが出現。ミニチュア型のノートなどは、文具好きならずともテンションが上がること間違いなし! ぜひ、この機会に会場でお気に入りのアイテムを見つけて、文具沼への旅をはじめてみてはいかがでしょうか。

元記事で読む