1. トップ
  2. 恋愛
  3. ダイアナ・ロスのDNAを受け継いだ最高の音楽映画『ネクスト・ドリーム』よりトレイシー・エリス・ロスをご紹介

ダイアナ・ロスのDNAを受け継いだ最高の音楽映画『ネクスト・ドリーム』よりトレイシー・エリス・ロスをご紹介

  • 2020.11.27
  • 370 views

ダコタ・ジョンソン&トレイシー・エリス・ロスのW主演で制作された『ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢』が2020年12月11日より日本全国の劇場で上映が開始される。本編で圧倒的な歌唱を披露したトレイシーにフォーカス!(フロントロウ編集部)

映画『ラブ・アクチュアリー』の制作会社の最新作『ネクスト・ドリーム』

米Thrillistのエスター・ザッカーマンが「『プラダを着た悪魔』を彷彿とさせる」と評した映画『ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢』は、映画『イエスタデイ』、『ブリジット・ジョーンズ』シリーズ、『ラブ・アクチュアリー』、『ノッティングヒルの恋人』、『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』など、世界中の人々の共感や憧れ、人との絆を、音楽を交えながら心温かく描き、数々の感動ドラマを放った制作会社、ワーキングタイトルの作品。

『ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢』は、煌びやかだけれど厳しいハリウッドの音楽業界を舞台に、「世の中へ素敵な音楽を届けたい」という共通の夢のもと、頂点を極め、現状から脱却したいと悩む歌姫と、そのアシスタントが奮闘する姿を描く。

信念が強くポジティブだが、独りよがりなマギーと業界で大御所ゆえに孤独なグレース。一人で考えるだけでは叶わない夢も、二人なら、もっと多くの人となら、その夢は実現できる。互いの誤解から生まれる確執を乗り越え、“人との絆”が奇跡を起こす。

『ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢』のキャストは?

伝説の歌姫の下っ端アシスタントで、業界での成功を夢みるマギーをダコタ・ジョンソンが等身大に演じ、ハリウッドの音楽業界に君臨するも、現状の評価を失うリスクを背負ってでも新曲制作にチャレンジしたい伝説の歌姫、グレースをトレイシー・エリス・ロスが華やかに演じる。

画像: 『ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢』のキャストは?

そのほか、映画『WAVES/ウェイブス』で注目を浴びたケルヴィン・ハリソン・Jrがプロのミュージシャンを目指すデヴィッドを、ミュージシャンのアイス・キューブがグレースのマネージャー、ジャックを演じた。

今回は、伝説の歌姫ことグレース役のトレイシーにフォーカス!

音楽界のレジェンドを母に持つトレイシー・エリス・ロス

トレイシーは、アメリカで最も成功した黒人女性歌手のひとりであるダイアナ・ロスと、長年レコード会社で重役を務めるロバート・エリス・シルバースタインを両親に持ち、幼少期から音楽に囲まれながら育ってきた。

画像: 音楽界のレジェンドを母に持つトレイシー・エリス・ロス

そんな彼女はなんと意外にも本作が歌唱デビュー作!ついにその歌声をお披露目するとあって、トレイシーは「(映画で)歌うことはずっと夢見てきたことだった。なんたって、歌手の家系だからね。昔からの大きな夢だった。そして今回、夢の実現と不安と同時に立ち向かわなければならなかった。素晴らしい経験ができたよ。とてもワクワクした」と念願の夢が叶い、感無量といった様子でコメント。

また、ニーシャ・ガナトラ監督も「女優としてトレイシーのコミカルで幅広い演技力は申し分ありませんが、本作で初めて披露した歌声は、彼女をこれまで以上に輝かせています」と絶賛しているように、これが初披露とは思えないほどの、母親譲りの堂々とした歌声と圧巻の表現力で、大物歌手グレースとして数々の楽曲を披露するトレイシーの歌唱シーンは必見。

『Black-ish』で主演女優賞を総なめに!

トレイシーは女優として、海外TVドラマ『ガールフレンド』や、コメディシリーズの『Black-ish(原題)』といった人気シリーズに出演し、後者の作品ではエミー賞、全米映画俳優組合賞、NAACPイメージ・アワード、放送映画批評家協会賞、ジョージ・フォスター・ピーボディ賞、そして第74回ゴールデン・グローブ賞のテレビシリーズ部門(ミュージカル・コメディ)にて主演女優賞を受賞するなど、輝かしいキャリアを築いている。

画像: 『Black-ish』で主演女優賞を総なめに!

活躍はそれだけに留まらず、プロデューサー、脚本、監督と、フィルムメーカーの顔も持ちながら、ABCのヒット番組のエグゼクティブ・プロデューサーも務めている。

インスタで大人気!ファッションやヘアに注目

トレイシーのインスタグラムのフォロワー数はなんと980万以上!

カルチャーアイコンとしても注目されており、ピープルズ・チョイス・アワード2020では、ファッションにおいて最も影響を与えた人物に贈られる、“ファッション・アイコン賞”を受賞。混沌とした時代の中で、自身の信念を貫き、アメリカのニュー・スタイルアイコンとして強固たる存在感を放つ姿に高い支持と注目が集まっている。

さらには起業家としてヘアケア・ブランド“Pattern Beauty”を設立するなど、多方面でマルチな才能を発揮している。

トレイシー・エリス・ロスが演じる歌姫のグレースとはいったいどんな人物?

そんなトレイシーが本作で演じているのは、ハリウッド音楽界に君臨するも、過去のヒット曲ばかりを歌う毎日で、キャリアの岐路に立たされる大物歌手グレース。

画像1: ©2020 Focus Features, LLC. All Rights Reserved
©2020 Focus Features, LLC. All Rights Reserved

これまで長編映画の脚本に惹かれることが少なかったと明かすトレイシーだけれど「本作の脚本を読んだ瞬間に“絶対にこの作品に出る”と心に決めた」と語っている。

それもそのはず、グレースはレジェンド級の歌声と確固たる地位を持ち合わせつつ、年齢を重ねるなかで現状の評価を失うリスクを背負ってでも新曲制作にチャレンジするべきか、しないべきかと葛藤するキャラクター。その姿は、誰もが羨む家柄とキャリアを持ち成功を収めていながらも、初めて歌唱シーンに挑戦したトレイシーに重なる部分もあるのでは。

続けて「グレースは誰もが知っているような女性。興味深かったのは、グレースが多くの女性のように、成功するために本当の自分を押し殺さなければならないという問題に直面していること。女性が求め、そもそも女性が享受して当たり前なはずの成功を手に入れるために、本当の自分を部分的に消さなければならなかった」と振り返っており、煌びやかで住む世界が違うように思えるほどの大物歌手でも、いまを懸命に生きるすべての女性たちと同じように苦悩し、明日からの人生を少しでも輝かせたいと思う1人の人間であるというメッセージがうかがえる。

画像2: ©2020 Focus Features, LLC. All Rights Reserved
©2020 Focus Features, LLC. All Rights Reserved

はたから見ればパーフェクトにも思えるキャリアを持ちながら、常に新たなことに恐れずチャレンジするトレイシーが、”歌唱デビュー”でさらなる新境地に挑む本作に注目したい。

映画『ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢』は、2020年12月11日より日本全国の劇場で上映開始。(フロントロウ編集部)

元記事で読む