1. トップ
  2. ファッション
  3. ヴィクター&ロルフ 2015-16年秋冬コレクション - プレタポルテに終止符を打つ

ヴィクター&ロルフ 2015-16年秋冬コレクション - プレタポルテに終止符を打つ

  • 2015.5.27
  • 655 views

ヴィクター&ロルフ(VIKTOR & ROLF)が、2015-16年秋冬コレクションをパリで発表した。今シーズンをもって、プレタポルテからの撤退を発表したブランド。ラストシーズンを楽しむように、カクテルドレスやイブニングウェアを“解体”した、奇想天外なシルエットがコレクションを進めていく。

グラマラスなドレスも上品なジャケットも、ランダムにカッティング。ジグザグとウエストラインに切り込みを入れたり、ラウンド形にサイドをカットしたり。切れ端は、ゆるりと下に伸びているものもあれば、ボディとつながったままのものもある。斬新なアイデアが予想外のシルエットを次々に生み出し、装いから多彩な表情を引き出していく。

また、たっぷりとしたラッフルもポイントで、ミニドレスやホワイトシャツの胸元に、左右非対称に流れるようにあしらった。生地が揺れ、なびくことで、ダークな色調のジャカードの裏面が見え、ほっとした安らぎと抜け感を与えてくれる。見る角度によって変化するシルエットはほとんどのルックに当てはまるが、中でも前に突き出たような立体的なワンピースが心に残る。

タキシードからインスパイアされたセクションは、光沢のあるブラックがリキッドな顔を見せ、シックでラグジュアリーなムードを演出。そこに差し込んだ、絵画作品のような細かな模様が、モダンなコレクションへと昇華させてくれた。そんな今季は、伝統的なキャットウォークショーをイメージした舞台で披露された。名残惜しさを残しつつも、このファイナルカーテンともに、ブランドはプレタポルテ終止符を打った。