1. トップ
  2. 竹内涼真と、韓国のK-ROCKバンド“N.Flying”キム・ジェヒョンが共演「涼真ヒョンと呼ばせてもらって(笑)」<君と世界が終わる日に>

竹内涼真と、韓国のK-ROCKバンド“N.Flying”キム・ジェヒョンが共演「涼真ヒョンと呼ばせてもらって(笑)」<君と世界が終わる日に>

  • 2020.11.27
  • 531 views

2021年1月スタートとなる、竹内涼真主演ドラマ「君と世界が終わる日に」(毎週日曜夜10:30放送予定、日本テレビ系)に、韓国のK-ROCKバンド“N.Flying”(エヌフライング)からキム・ジェヒョンが本作のために来日&出演することが決定。初の日本の連ドラ出演となるジェヒョンだが、すでに、竹内をはじめとした共演者らと「ヒョン(お兄さん)」をつけ、「涼真ヒョン」と呼ぶなど、打ち解けた様子でいることを明かした。

【写真を見る】「君と世界が終わる日に」に大谷亮平、笹野高史、マキタスポーツらの出演が決定

本作のために来日!「すごくいい雰囲気で撮影させてもらっています」

韓国でボーイズバンド・N.Flyingのドラマーとして活躍するキム・ジェヒョンは、口数は少ないが心優しい韓国人青年のユン・ミンジュン役で出演。ドラマ出演のために韓国から来日したジェヒョンは初の日本のドラマへの出演に際し「不安も緊張もありましたが、今もすごくいい雰囲気で撮影させてもらっています」とコメント。

自身の役どころについては「ミンジュンは僕とは全然違って感情を表に出さない」としつつ「でも自分自身とミンジュンとの違いが演技をする上でいちばん大事かもしれない」と、モチベーションを語っている。

キム・ジェヒョン(ユン・ミンジュン役)コメント

日本のドラマに出演するのは初めてなので、不安も緊張もたくさんありました。ですが、毎日新しいことを覚えて、学んで、自分自身にとってすごくいい経験になっています。僕は韓国では音楽活動をしていて、メンバーたちとは80歳までやりましょうといつも言っているんですが、きっとこの作品のことは80歳になっても忘れないですね。

韓国ではすごく仲がいい相手に「ヒョン(お兄さん)」をつけて呼ぶんですが、僕が竹内さんに「涼真ヒョン」と言うと竹内さんは「いいじゃん!」と言ってくださって。涼真ヒョンとか、(笠松)将ヒョンとか、大谷ヒョン、マキタヒョン、笹野ヒョンとか…ちょっと失礼かもしれないですけど、そう呼ばせてもらって(笑)。

みなさんとすごくいい雰囲気で撮影させてもらっているので、とても感謝しています。僕は普段感情を表に出して笑う方なんですが、ミンジュンは僕とは全然違って感情を表に出さないし笑わないですね。でも自分自身とミンジュンとの違いが演技をする上でいちばん大事かもしれないなと思っています。ロマンチックだったり、サバイバルだったり...この作品についてまだ言えないこともありますが、観たみなさんがびっくりする作品だと思います。

僕自身も早く観たいです!みなさんもぜひ期待して、放送を待っていてください!

元記事で読む