1. トップ
  2. 「エール」オリジナル・サウンドトラック第3弾柴咲コウ・山崎育三郎が歌う楽曲も収録

「エール」オリジナル・サウンドトラック第3弾柴咲コウ・山崎育三郎が歌う楽曲も収録

  • 2020.11.27
  • 8903 views
NHK連続テレビ小説「エール」オリジナル・サウンドトラック第3弾

日本コロムビア(東京都港区)は、NHK連続テレビ小説「エール」のオリジナル・サウンドトラック第3弾を、2020年12月9日に発売する。

ボーナス・トラックとして、劇中でも流れた双浦環役の柴咲コウが歌う「船頭可愛や」や、佐藤久志役の山崎育三郎氏が歌う「イヨマンテの夜」の2曲を収録した。

価格は3000円(税別)。

多数のヒット曲

連続テレビ小説「エール」は、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(こせきゆうじ)と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)をモデルとする、音楽とともに生きた夫婦の愛の物語。音楽は、多くのCMソングやサウンドトラックを手掛ける瀬川英史が担当している。

古関は、「露営の歌」など多数の軍歌、「栄冠は君に輝く(全国高等学校野球選手権大会の歌)」や「六甲おろし(阪神タイガースの歌)」、「オリンピック・マーチ」などスポーツシーンを彩る数々の名曲のほか、「船頭可愛や」、「君の名は」、「とんがり帽子」、「長崎の鐘」、「イヨマンテの夜」などのヒット歌謡曲を作曲した。

元記事で読む