1. トップ
  2. <エール>前代未聞!窪田正孝&二階堂ふみ自ら木曜に“次回予告”「明日はなんと…」

<エール>前代未聞!窪田正孝&二階堂ふみ自ら木曜に“次回予告”「明日はなんと…」

  • 2020.11.26
  • 825 views
感動のラストシーンから…驚きの“次回予告” 「エール」第119回場面写真 (C)NHK
感動のラストシーンから…驚きの“次回予告” 「エール」第119回場面写真 (C)NHK

【写真を見る】藤丸(井上希美)と千鶴子(小南満佑子)は双子コーデで「モスラの歌」を披露!

連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)の第119回が11月26日に放送され、主演の窪田正孝、ヒロインの二階堂ふみが自ら週の半ばに“次回予告”をするという連続テレビ小説史上類を見ない演出が飛び出した。11月27日(金)は「エール」放送最終日。「特別編」として出演者による“カーテンコール”が放送される。(以下、ネタバレがあります)

「皆さん一緒に頑張りましょう!」

第119回では、晩年を迎えた裕一(窪田)・音(二階堂)夫婦が描かれた。

波音の聞こえる海辺の部屋で臥せっている音。第25回、豊橋のホールでの演奏会で音が歌った「晩秋の頃」をかすれ声で歌い、裕一に「海が見たい。あなたと出会った頃のように、歌を歌いたい」とせがんだ。

「エール」第119回場面写真 (C)NHK
「エール」第119回場面写真 (C)NHK

「わかった。行こう」。裕一に支えられながらベッドを降り、ゆっくりと歩き出した音。その床はいつの間にか砂浜へとつながり、年老いた足取りは軽やかな駆け足になって、若き日の裕一と音が砂浜へと走り出した。

そして流れ出す主題歌「星影のエール」。2人が豊橋の海ではしゃぐタイトルバック映像へとつながる美しいラストシーンに、視聴者からは感動の声が上がった。

だが、それで終わりではなかった。「エール」のタイトルがゆっくりと消えていくと、砂浜に座り込んで背を向けていた裕一役・窪田と音役・二階堂がくるりとこちらに向き直り、「最後までご覧いただき、本当にありがとうございました」とあいさつ。

窪田は続けて「世界中を未曾有の不幸が襲う中で、『エール』という名でドラマをやる意義を、裕一を演じながら感じさせてもらいました。少しでも、見てくださる皆さんの力にこのドラマがなれたのならば、スタッフキャスト一同本当にうれしく思います。早く日常が戻ることを願って、皆さん一緒に…頑張りましょう!」と視聴者に語り掛けた。

「エール」第119回場面写真 (C)NHK
「エール」第119回場面写真 (C)NHK
「エール」第120回場面写真 (C)NHK
「エール」第120回場面写真 (C)NHK

出演陣がNHKホールから“カーテンコール”

二階堂が「…って、今日は木曜日ですけど、明日は何するの?」と振ると、「明日はなんと特別編!人気キャラクター総出演によるカーテンコールをNHKホールよりお届けします」と“次回予告”。最後は2人で「見てね~~!」と笑顔で締めくくった。

週半ば、キャスト本人による“次回予告”。前代未聞ともいえる演出に視聴者からは「きょうは泣いて笑って感情が忙しい!」「裕一が窪田君に戻っててびっくりして涙止まった!」といった驚きと歓迎の声が殺到。

「あさイチ」ではMC陣がオープニングからニコニコ。“特別編”のプランには、博多華丸が「こういう終わり方って大好き。最後みんな集まるって大好きなのよ」と期待を寄せ、博多大吉も「信楽太郎まで出てきたらひっくり返って笑うんですけど」と、前作「スカーレット」で木本武宏が演じた人気キャラクターの名前を出して笑いを誘っていた。

「エール」本編最終日となる第120回は、裕一(窪田正孝)が司会を務め、NHKホールから出演者による“カーテンコール”が届けられる。

「エール」第120回場面写真 (C)NHK
「エール」第120回場面写真 (C)NHK

藤丸(井上希美)と夏目千鶴子(小南満佑子)による「モスラの歌」、御手洗清太郎(古川雄大)による「福島行進曲」、佐藤久志(山崎育三郎)の歌唱と村野鉄男(中村蒼)のギターによる「船頭可愛や」、久志と藤堂清晴(森山直太朗)による「栄冠は君に輝く」など本編でも歌唱シーンのあった歌手陣のほか、藤堂昌子役・堀内敬子は「フランチェスカの鐘」を、岩城新平役・吉原光夫は「イヨマンテの夜」を歌う。そして関内光子役・薬師丸ひろ子は「高原列車は行く」を披露する。

元記事で読む