1. トップ
  2. 「R-1」ルール変更に、おいでやす小田が悲痛な叫び「どうしてくれんねん、この先の人生!」

「R-1」ルール変更に、おいでやす小田が悲痛な叫び「どうしてくれんねん、この先の人生!」

  • 2020.11.25
  • 792 views

11月25日(木)、東京・渋谷のヨシモト∞ホールで行われた「『R-1グランプリ2021』やります会見」にて、「R-1グランプリ」の参加資格の変更などが発表された。出場者の芸歴に関する制限は今まで設けられていなかったが、2021年大会からは芸歴10年以内の芸人のみが参加可能に。さらに2年ぶりに、通算出場が10回目以内のアマチュアもエントリー可能となる。

【写真を見る】大声で叫びながら登場したおいでやす小田(右) 今後は「R-1」の“専属ライター”に

また、大会ロゴが一新され、大会名も「R-1グランプリ2021」と“グランプリ”がカタカナ表記に。予選は12月27日(日)にスタートし、決勝戦の模様は来春、フジテレビ系で放送される予定。

会見には、「R-1ぐらんぷり2020」チャンピオンのマヂカルラブリー・野田クリスタルをはじめ、今大会に出場資格のあるかが屋・賀屋壮也、紺野ぶるま、天才ピアニスト・ますみ、パーパー・ほしのディスコ、ぼる塾・きりやはるか、田辺智加、マツモトクラブ、ゆりやんレトリィバァが登壇した。

そして、「R-1ぐらんぷり」の決勝に5度進出しているが、「R-1グランプリ2021」では出場資格を失ってしまった芸歴20年目のおいでやす小田も登場。小田は「あかんて!そんなルールにしたら!」と大声で不満を口にし、「いきなりすぎへん?来年からにしようや。ラストイヤーがないのよ?」「どうしてくれんねん、この先の人生!」と複雑な胸の内を明かした。また、本大会の変更点をプレゼンしたレイザーラモンRGも、バイク川崎バイクやルシファー吉岡ら芸歴10年以上のピン芸人の名前を挙げ、「かわいそう」と仲間のことを思いやった。

「急にラストイヤーになってしまった」

登壇者の中で、「R-1グランプリ2021」がラストイヤーとなるのは、ほしのと紺野。ほしのは「急にラストになってしまった」と戸惑いながら、「事務所の先輩のルシファー吉岡さんが、5年連続で決勝にいっていたんですけど、急に出られなくなってしまって落ち込んでいたので、僕がルシファーさんの分も頑張らないとなと思います」と語った。また、紺野は「10年間ずっとR-1のことばかり考えていたので、絶対優勝しようと思っています」と意気込んだ。

また、記者から「今年出たら勝てる自信はあった?」と聞かれた小田は、「当たり前じゃー!!」と叫び、「今年作ったネタはどこで出したらいいの?ほんまに優勝するつもりでやっていました」と訴えかけた。

そんな小田に対し、野田が「なんとか気持ちを保って頑張ってください」と声を掛けると、一同も口々に「辞めないでー」「頑張ってー」と応援。小田が「辞めるとか一言も言うてへんやろ!」と返し、会場は笑いに包まれた。

元記事で読む