1. トップ
  2. ダイエット
  3. ガーン!女性にも加齢臭は存在するんです!その原因と対策ポイント4つ

ガーン!女性にも加齢臭は存在するんです!その原因と対策ポイント4つ

  • 2015.5.27
  • 285 views

最近暑い日が多いですね。このままだとあっという間に夏がやってきそう……。真夏に生まれた私ですが、毎年夏が憂うつでたまりません。それはなぜかというと、大量の汗をかくから。汗をかくだけならまだしも、ニオイのケアもしなきゃでなにかと大変。

女性は制汗剤などでの対策はもちろん、香水やフレグランスなどで身だしなみに気をつけている人が多いので体臭が目立ちませんが、私をはじめ、自分の体臭を気にして悩んでいる人は意外と多いんですよね。

しかし、その気になる体臭、加齢臭かもしれないと考えたことはありますか?

「え、加齢臭って男性だけじゃないの?」と思ったそこのあなた、

実は加齢臭は女性にも存在するのです。

今回は株式会社グラフィコの調査より、女性の加齢臭の原因と対策をチェック!

まず、加齢臭って? という方のために簡単にご説明。


加齢臭とは……加齢臭は酸化した脂のニオイで、「ろうそく」「チーズ」「古本」に似ているとも言われる。男女ともに40代から発生すると言われ、女性は閉経する5年前あたりから発生しやすくなる。耳の裏や脇の下、陰部周りなど、汗腺が多く肌どうしが常に触れ合っている場所から多く分泌される。

いわゆる「酸っぱいニオイ」と言われるのは酸化したニオイだったからなんですね。40代以降に多いとのことですが、最近は若い女性でも加齢臭があるとか! それはなぜ!?

医療・美容ジャーナリストの宇山恵子さんによると、

女性の加齢臭はホルモンバランスの乱れが原因!


人によって女性ホルモンが減少する時期は異なりますが、一般的には20代後半をピークに減少していくと言われています。35歳あたりから減少が加速していき、ホルモンバランスが崩れていきます。ホルモンバランスが乱れると体が酸化し、その結果、ニオイのもととなる「ノネナール」が発生します。

女性ホルモンが減りはじめるアラサーは加齢臭に黄色信号! でもご安心ください。きちんと対策すれば、加齢臭の出にくい体をつくることは可能なのです!

ホルモンバランスの乱れで加齢臭が引き起こされるのならば、ホルモンバランスを整えるべし。ということで早速、ホルモンバランスを整える4つのポイントをご紹介。加齢臭の出にくい体をつくりましょう。


ポイント1 自分の生理周期を知る
まずは自分の生理開始日と終了日を毎月チェックしましょう。生理周期が毎月バラバラだったら、ホルモンバランスが乱れているかも。毎日基礎体温をつけると、自分の体をもっとよく知ることができます。
ポイント2 体を酸化させない食生活を
ビタミンE、A、Cなどの抗酸化力のある食材を摂るようにしましょう。緑黄色野菜やアボカドなどは代表食材です。また脂っこい食事をした次の日は野菜を多く摂るなど、メリハリをつけた食生活を心がけましょう。
ポイント3 太りすぎない・やせすぎない
女性ホルモンのバランスがよいのはほどよく脂肪がついた体です。太り過ぎもやせ過ぎも、ホルモンバランスの乱れにつながります。
ポイント4 ストレスを逃す方法を知る
ストレスはホルモンバランスに大きな影響を与えます。たまったストレスはすぐに発散させましょう。

ちなみに、ストレス解消の方法は以下の4つがおすすめ。


●好みの香りをかぐ……よい香りは、気分をリラックスさせるのに効果的。緊張する場面があるときは好みの香りをかぐといいでしょう。
●大きなため息をつく……副交感神経を優位にして体をリラックスさせる働きがあります。疲れたときや緊張したときなどにぜひ。
●思いっきり体を動かす……ストレスで心が疲れたときは、激しい運動で体を疲れさせると効果的。体を疲れさせて眠ると、次の日は気分スッキリと目覚めることができます。
●イヤなことは人に話さず、すぐに忘れる……イヤなことを言葉で発すると記憶が定着して頭から消えなくなります。誰にも話さず思い出さないことが一番。

自分の生理周期を知ることは、加齢臭対策以外でも役立つので女性ならば欠かせないですよね。それ以外の対策を見てみても、心と体の両方が健康でいられる生活が、女性ホルモンのバランスを守るには最適なようです。

それにしても、ストレスが加齢臭の原因だなんて予想もしませんでした。ストレスを感じない人のほうが少ないと思うので、いよいよ他人事ではありません! 日々の生活習慣を見直し、加齢臭の出にくい体を作っていきたいものです。(みつ子)

情報提供元:株式会社グラフィコ http://www.graphico.co.jp/