1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 折り紙でお正月飾りリースを作ろう!簡単でおしゃれな折り方もご紹介

折り紙でお正月飾りリースを作ろう!簡単でおしゃれな折り方もご紹介

  • 2020.11.24
  • 3690 views

お正月飾りといえば「しめ縄」や「門松」が挙げられますが、「リース」を飾ってみてはいかがですか?今回は折り紙で作る簡単リースの作り方をご紹介します。土台部分も飾りも簡単に折れちゃうので、折り紙が苦手な方やお子さんでも作ることができますよ。

材料・道具

リース土台用
15cm×15cm:8枚
今回は色味の少し違う緑の折り紙を2色を使用しました。

飾り用
15cm×15cmの折り紙の他に、千代紙や7.5cm×7.5cmの折り紙など

その他道具

はさみ
のり
マスキングテープ
ペン
クリップ

折り紙で作るお正月リースの作り方(リース土台)

1. 2回三角形に折る

ウラ側となる面が上になるように置き、2回三角形に折ります。

2. 三角形を開いてひし形を作る

上側の三角形を開いて、ひし形になるように広げてつぶします。

3. ひし形を半分に折る

ひし形になっている部分を点線のところで矢印氏の方向にタテ半分に折ります。

リースの土台のパーツが完成です。

残りも同様に折っていきます。

4. パーツを貼り合わせる

パーツを貼り合わせていきます。小さい三角形になっている部分を大きい三角形で挟み込むようにしていきます。クリップやマスキングテープで仮止めしてから固定するとずれにくく綺麗に仕上がります。

5. リース土台の完成

残りのパーツも同じように貼り合わせていくとリース土台の完成です。

リース飾りの折り方

次にリースの飾りとなる




門松



の折り方をご紹介します。

「松」の折り方

使用サイズ:7.5cm×7.5cm
 

ウラになる面を上に置き、三角形に2回折ってしっかり折り筋をつけ、1回開く。三角形の底辺の左右の角を頂点に重ねるようにして折ってひし形にする。
右の三角形を折り筋に合わせて開く。
左も同じようにして開く。
太線のところに切れ込みを入れ、点線のところで後ろに折り返す。

「竹」の折り方

使用サイズ:7.5cm×7.5cm
 

ウラになる面を上に置き、三角形に2回折ってしっかり折り筋をつけ、1回開く。三角形の底辺の左右の角を頂点に重ねるようにして折ってひし形にする。
ウラに返し、左右に角を真ん中の折り筋に合わせるように折る。
オモテに返し、矢印の部分を左右に開く。
浮いている部分を片方ずつ折り込んで平らにする。

上の写真のように折り込み、完成です。

「梅」の折り方

使用サイズ:7.5cm×7.5cm
 

色のついている面(オモテとなる面)を上に置き、三角形に2回折る。
上側の三角形を開きひし形に広げてつぶす。
ウラに返しもう一方も同じようにひし形に広げてつぶす。
1番上の1枚を点線の位置で折り下げる。
上側の左右に分かれている部分を点線のところで手前に折り下げ、しっかり折り筋をつける。
⑤でできた折り筋に合わせて開く。
⑥で開いたとき重なっている〇で囲った部分は写真のように下に入れ込む。太線の位置に切れ込みを入れ、点線のところでウラ側に折り込む。
点線のところでウラ側に折り込む。

「門松」の折り方

使用サイズ:15cm×15cm
 

ウラになる面を上の置き、三角形に2回折って開いてひし形に置く。中心の十字になっているところに上下の2つの角を合わせて折る。
中心線に沿うように、上下の線を合わせて折る。
1回開き、②でできた上の折り筋に下の端を合わせて折る。
③で折ったところを中心線で折り返す。

5. 上側も同じように折る。

6. タテ向きに置きなおし、点線のところで下から順に折り上げて完成

「扇」の折り方

使用サイズ:15cm×15cmの折り紙半分

 

半分に切った折り紙をウラになる面が上になるように置き、上から1/3のところで手前に折り返す
端の方から蛇腹に折っていく

最後まで折ったら持ち手部分をマスキングテープで固定して完成です。蛇腹に折るとき幅を均一に、細かくすると綺麗に仕上がります。

お正月折り紙リースの完成

リースにのり付けして完成です。

今回はたくさんデコレーションしたかったので、15cm×15cmの折り紙で大き目のリースをつくりました。例えば7.5cm×7.5cmの小さいサイズのリースもコンパクトで可愛らしいので、お好みで作ってみてください。

お正月折り紙アイデアは他にもたくさん!

いかがでしたか?折り方も簡単なので、ぜひお子様と一緒にお正月準備として作ってみてはいかがでしょうか。折り紙で作るお正月アイテムは他にもたくさんあるので、ぜひ参考にしてみてください。

元記事で読む