1. トップ
  2. ファッション
  3. 着ぶくれ&マンネリ感を回避【ニットコーデ】ワンランク上のおしゃれを叶えるコツ4つ

着ぶくれ&マンネリ感を回避【ニットコーデ】ワンランク上のおしゃれを叶えるコツ4つ

  • 2020.11.23
  • 1151 views

冬のデイリーコーデに欠かせないニットですが、「着ぶくれしやすい」、「コーデに新鮮味がない」などの悩みはつきもの。ぜひ上手な着こなしで日々のワンランク上のおしゃれを叶えていきたいものです。そこで今回はおしゃれな【ニットコーデ】を叶える4つのコツをチェックしてみましょう。

(1)ボリューム感の出るニットは“引き締めカラー”で

立体的な編み目が魅力のケーブルニットをはじめ、ボリューム感の出るニット。旬なゆる×ゆるコーデも素敵ですが、難易度高めに感じている方も少なくないと思います。そこでオンナらしいメリハリのあるシルエットに整えるためにも、黒や濃いめのグレーなどの“引き締めカラー”を選びましょう。

出典:DHOLIC

淡色系のパンツとの合わせなら引き締めカラーのニットのトーンも重くなりすぎず、スッキリとした仕上がりに。また、スリット入りを選ぶことで着ぶくれも回避でき、レイヤードしたインナーやボトムスとの対比効果でこなれ感もグッと高まります。

(2)着丈長めのニットは“裾のデザイン”に注目

オーバーサイズがトレンドということもあり、着丈が長めのニットも多数。バランス良く着こなすには、前後で裾の長さが異なるヘムラインや左右で裾がアシンメトリーになったデザインのアイテムを選びましょう。

出典:DHOLIC

裾に特徴のあるデザインはボトムスの表情まで変化させてくれるのも嬉しいポイント。ニットと質感の異なる素材感のロングスカートを合わせてドレッシーに着こなしても、パンツと合わせてクールに仕上げてもOKです。

(3)存在感高め“パターンニット”は抜け感演出がポイント

編み模様がアクセントになるパターンニットは存在感高めなので、投入する際は抜け感をきちんと演出するのがおしゃれな着こなしのコツです。

出典:DHOLIC

きちんと感の出るスッキリとしたシルエットのスカートを合わせて落ち着き感を演出しつつ、全体のカラートーンを揃えることで上品な着こなしに。デコルテがキレイに見せるネック広めのタイプのニットを選ぶと、よりオンナ度が引き上がります。

(4)ふんわりニットは“淡色カラー”をチョイス

着るだけで愛らしい印象にも仕上げてくれるふんわりニットは優しげな印象をキープするためにも“淡色カラー”を選ぶのがポイントです。

出典:DHOLIC

長すぎず、短すぎない絶妙な丈感を選んでおくと幅広い着こなしに対応できますが、オンナらしさ一層引き上げるなら体に程良くフィットするシルエットのスカートやパンツと合わせてましょう。

シルエットやカラー、そして編み地や柄などの組合せさえ間違えなければ、グッとおしゃれなニットコーデに仕上がります。ぜひ4つのをデイリーコーデに採り入れてみてくださいね。<top image出典:DHOLIC

元記事で読む
の記事をもっとみる