1. トップ
  2. グルメ
  3. お出かけや食事の後に!シーン別「汗拭きシート」活用術

お出かけや食事の後に!シーン別「汗拭きシート」活用術

  • 2015.5.27
  • 545 views

暑い日にも汗をささっと拭える汗拭きシートも、最近は色々なタイプが発売されています。寝汗をかいた翌朝にシャワーを浴びる時間がない時は抗菌作用があるもの、満員電車に乗る前には洗い流せるタイプのもの、食後に汗をかいたと感じる時は香り付きのものがおすすめですよ。

■汗をかく前のケア&かいた後のケアを大切に

花王が行った12歳から59歳の女性640人を対象にした調査によると、自分のニオイが気になるのは全体の約65%にまでのぼるという結果に。女性にとって、ニオイのケアは永遠のテーマなのです。

体から分泌されたばかりの汗はほぼ無臭ですが、そのまま放置しておくと、ニオイだけでなく皮膚トラブルの原因になることがあります。寝起きの汗や通勤・通学などで歩いてかいたしっとり汗も放置せず、におう前にケアをすることこそが女子力アップへの近道なのかもしれませんね。

■汗拭きシートおすすめシチュエーション3つ

1:朝シャワーを浴びる時間がない日は抗菌効果があるものを

「寝ている間に汗をかいてしまって気持ち悪いけれど、シャワーを浴びている時間がない!」という時にもお役立ちなのが汗拭きシート。銀イオンなどが含有されている抗菌や静菌効果があるものを使えば、すっきり感がアップ!

2:満員電車に乗る前は洗い流せるタイプのものを

周りの人だけではなく、自分のニオイも気になってしまう満員電車。通勤時のストレスを軽減させるためにも、電車に乗る前にもささっと汗拭きシートを。流せるタイプのものであれば駅のトイレでスピーディーに汗ケアができますよ。

3:ご飯を食べたあとはほのかにいい香りがするものを

ラーメンや焼肉など、食後の汗と食べ物のニオイがWで気になる時には、香り付きの汗拭きシートがおすすめ。グレープフルーツやせっけんなど、さわやかな香りのものを選ぶことで、ふんわりいい匂いをまとえますよ。

日々進化する汗拭きシートを使い分けて、ニオイとは無縁でいたいものですね。

(前田紀至子)