1. トップ
  2. グルメ
  3. 【海外ディズニー】カリフォルニア、パークの一部を商業エリアとして再開!日本人ゲストに人気のレストランも復活

【海外ディズニー】カリフォルニア、パークの一部を商業エリアとして再開!日本人ゲストに人気のレストランも復活

  • 2020.11.22
  • 4203 views

閉園中のカリフォルニア ディズニーランド・リゾートにあるディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークで現地時間11月19日、エントランス付近のショップの営業を再開した。その初日には、約8か月ぶりに一部再開したパークへショッピングに来るゲストの姿もみられた。

カリフォルニア ディズニーランド・リゾートのディズニーランド・パークとディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークのふたつのパークは現在も閉園したままだが、隣接の商業エリアであるダウンタウン・ディズニーを<拡張>するという形で、後者のパークのブエナビスタストリートに該当する部分のショップ、レストランの営業を再開した。

再開した店舗は、Elias & Co.、Julius Katz&Sons、Kingswell Camera Shop、Trolley Treats、Fiddler, Fifer & Practical Cafeなどのほか、かつて日本人ゲストも数多く利用していた「カーセイ・サークル・レストラン」が、Carthay Circle Lounge - Al Fresco Diningとして、屋外のシーティングエリアで新しいカクテルやダイニングメニューを楽しめるようになった。

また、ハンバーガー、フライドポテト、オニオンリング、クラフトビールなどで人気の「Smokejumpers Grill」や、同じく日本人ゲストにも人気のアメリカンドッグを提供する「Award Wieners」も再開。モバイルオーダーでアメリカンドッグやソフトドリンクの提供を行なっている。

As to Disney artwork, logos and properties: (C) Disney

※取材時の状況に基づいて記事化しています。紹介したイベント、メニューなど、すべての情報は、予告なく、変更になる場合があり得ます。

元記事で読む