1. トップ
  2. ファッション
  3. 白ニットの正解アイテム9選|アウターを着込んでも着ぶくれしないそのワケは?

白ニットの正解アイテム9選|アウターを着込んでも着ぶくれしないそのワケは?

  • 2020.11.22
  • 1489 views

秋冬こそバランスのとりやすい頼れる色、白。頼れる1枚を再び見つけるべく、1枚でもアウターを重ねても着ぶくれしない厳選された秀作を、3タイプの選択基準にひっかけてご紹介。

【画像一覧】すべてのアイテムをチェック

WHITE-RIB
1枚で着ても肌が透けない
適度な「厚みとやわらかさ」
SLOANE


シルクならではの光沢感が気品をUP
リブニット 30,000円+税/SLOANE 最高級シルクを使用した、なめらかな肌ざわりにリピーター続出。太めのリブをベースに、すそやそで口は細めのリブなため、1枚でメリハリの効いたルックス。

DEMYLEE


膨張感を防ぐ七分そで
起毛リブニット 30,000円+税/デミリー(サザビーリーグ) カシミヤ100%のふわふわな肌ざわり。体にフィットするタイトな白でも、七分そでで手首がのぞくぶん二の腕をすらっと映せる。

allureville


クリーンな白できちんと感を強化
ボタンリブカーディガン 17,000円+税/アルアバイル もっちりとした地厚な素材。にごりのない明るい白で夏場に着ても暑苦しさなし。手洗い可能なうえシワになりにくい加工もうれしいポイント。
STYLIST >>
下着が透けない厚みがあるため1枚で着てもいい!

WHITE-HIGH GAUGE
ロンTがわりに使える
「そで口&首元のリブ編み」がマスト
URBAN RESEARCH


深すぎないVネックで端正な表情を維持
ニットソー 8,000円+税/アーバンリサーチ(アーバンリサーチ 神南店) 丈も身幅もあるリラクシーなサイズ感に、キレのいい首元が締め役として作用。長く愛用できる、カシミヤの心地よい風合い。
STYLIST >>
ジャケットに似合うコンパクトなネックライン

ebure


かための素材感でボディラインをストンと流す
ハイゲージニット 28,000円+税/ebure 厚み&ハリがあるため、肉感をひろわずスマートな体に導ける。ロンT感覚で使えるフラットな見た目も、ニット特有のしっとりしたテクスチャーで上品。

TODAYFUL


コンパクトなはおりの下でも活躍
ニット 8,000円+税/TODAYFUL(LIFEs 代官山店) 厚みのあるネックラインのリブが薄手のニットをしっかりとした表情に仕上げる。細すぎずゆるすぎない絶妙なサイジングでキレイめにまとまる。

WHITE-VOLUME
腰まわりもカバーできる
大きな白は「丈も長め」がベスト
MACPHEE


股上深いボトムとも好相性な「前だけ短め」
アシメヘムニット 15,000円+税/MACPHEE(TOMORROWLAND) ふっくらとしたボリューム感のあるラクカシミヤを使用。後ろは丈が長く、ヒップラインを隠せるためワンツースタイルにも最適。

BODHI


脚のラインを締める「つまったすそ」
起毛ルーズニット 85,000円+税/BODHI(alpha PR) 身幅にゆとりを持たせノンストレスなシルエット。ホワイトカシミヤでスエットライクな肉厚感を表現。ほのかなけば立ちで愛らしく。
STYLIST >>
曲線的なスリーブで白ニットがさらにやさしげ

DRESSTERIOR


LADYに仕立てるピンクがかった白
カシミヤニット[9月下旬展開予定] 19,000円+税/ドレステリア(ドレステリア 新宿店) ほんのりとピンクの色みがついているうえに、少量の起毛感が、1枚で「かわいい」を表現できる。

元記事で読む