1. トップ
  2. レシピ
  3. ハリウッドセレブが愛飲する自然派健康ドリンクKOMBUCHAを自宅で手作りする方法

ハリウッドセレブが愛飲する自然派健康ドリンクKOMBUCHAを自宅で手作りする方法

  • 2020.11.22
  • 859 views

ミランダ・カーなどの人気モデルから人気に火がついたKOMBUCHA。「美容にいい」「ダイエット効果がある」という評判と共に数年前から飲み始める人が増え、最近では冷蔵販売をするヨガスタジオも見かけるようになりました。KOMBUCHA(コンブチャ)といっても、昆布が入ったお茶ではありません。その正体は、紅茶やルイボスティーなどのお茶に砂糖とSCOBY(Symbiotic colony of bacteria and yeast)と呼ばれる種菌を加え、発酵させたもの。 SCOBYは細菌と酵母の共生コロニーで、クラゲのようなゲル状の膜がキノコのように見えたことから,以前は“紅茶キノコ”と呼ばれていました。

KOMBUCHA
かつては「紅茶キノコ」と呼ばれていたKOMBUCHA photo by Adobe Stock

身体にいいの?KOMBUCHAの美容効果

一般財団法人日本臨床試験協会(JACTA)を試験機関とし、白川太郎氏(福岡市・如月総健クリニック院長)を試験総括責任医師として実施したレポートによると「発酵飲料『コンブチャクレンズ』の痩身効果と便通改善効果を確認するため、20歳以上60歳以下で便秘傾向がある健康な男女を対象として試験を行った。コンブチャクレンズを4週間継続して摂取すると、非摂取のグループに比べて体重、BMIが有意に減少し、排便日数と排便回数が有意に増加したことから痩身効果と便通改善効果が認められた。本被験品について有害事象は発現せず、安全性についても問題がなかった」と記載されています。

KOMBUCHAに期待されるのは抗酸化と抗肥満、そして便通改善効果という結果がわかりました。また、「KOMBUCHAに含まれる乳酸菌には免疫賦活作用や抗アレルギー作用があるほか、プロバイオティクとして腸内細菌のバランスを保ち整腸効果発揮することが知られている。コンブチャクレンズに含まれる乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維による便通改善効果が期待された」とあります。

また、「植物に存在するポリフェノールには強い抗酸化能があることが知られている。緑茶に含まれるカテキンに抗肥満効果があることは周知のとおりで、脂肪消費促進やコレステロール吸収抑制を目的とした特定保健用食品が数多く販売されている。今回の試験品に含まれるルイボスティーは、カフェインレスのお茶として特に女性に好まれている。ルイボスティー特有の成分に、フラボノイドの一種であるアスパラチンが挙げられる。アスパラチンの糖質代謝善作用に痩身効果が期待される」とのこと。

KOMBUCHAを生活習慣に取り入れることができたら、腸内環境を整えながら身体を引き締め、若々しい状態に近づけていけると言えそうです。

KOMBUCHA
KOMBUCHAの種類は様々。著者の住むシンガポールでは1本約7ドル〜で購入できますが、手作りが出来るになれば経済的です。

 

KOMBUCHA2
左がKOMBUCHAのモトとなるSCOBY、右が砂糖入りの甘い紅茶。SCOBYを右の紅茶に入れ、3日ほど放置すると発酵して飲み頃のKOMBUCHAが完成します。

では、早速KOMBUCHAを作ってみましょう!

KOMBUCHA(500cc)材料

・SCOBY(1枚)…インターネットでも購入可

・スターターのKOMBUCHA(100cc)

・お茶(無添加の紅茶・緑茶・ルイボスティーなどのティーバッグ1個)

・白砂糖(40g)

・熱湯(500cc)

作り方

まず、沸騰したお湯で紅茶を作ります。砂糖を溶かし、室温で十分に冷ました甘い紅茶を煮沸消毒した瓶に入れます。熱い紅茶を直接SCOBYに注いでしまわないようにご注意ください。

KOMBUCHA3
沸騰したお湯で紅茶を作ります。砂糖を溶かし、室温で十分に冷ました甘い紅茶を煮沸消毒した瓶に入れます。熱い紅茶を直接SCOBYに注いでしまわないようにご注意ください。

KOMBUCHAを作る際に使われるのは白い砂糖なのですが、普段白い砂糖を使うことに抵抗がある方にとっては気になる点かと思います。仮にミネラルたっぷりの黒砂糖を使ってKOMBUCHAを作った場合、スムーズな発酵を妨げることがあるので、発酵に時間がかかり、SCOBYが弱ることによって雑菌が繁殖してしまうこともあるとのこと。そのような理由から、一般的に白砂糖を使うことが多いです。白砂糖は精製率が高い純粋な糖なので、KOMBUCHAの発酵がスムーズに進みます。

お茶
KOMBUCHA500ccを作る際に必要なお茶はティーバック1個分でOK

よく洗った清潔な手でSCOBYを取り出します(この時、箸などを使わずに手で取り出すのは、KOMBUCHAの発酵にはぬか漬けを素手で混ぜるのと同様に手の常在菌が有効だと言われているからです)。層になりながら育つSCOBYをはがし、1枚分を取り出します。

KOMBUCHA4
未知との遭遇!SCOBYを取り出す瞬間

一旦発酵をお休みしたいSCOBYは、KOMBUCHAのエキスに浸けたまま冷蔵庫で保存できます(この際に密封をせずにペーパーナプキンをかぶせ、瓶の縁を輪ゴムや紐などで留める等、通気が出来るようにしてください)。

KOMBUCHA5
半透明のSCOBYは糖分入りの紅茶の中で徐々に厚く成長していき、美味しいKOMBUCHAが作られます

室温でよく冷ました甘い紅茶にSCOBYを投入。直射日光を避け、23〜25度程度の室温で発酵させるのが好ましいですが、寒い部屋よりも温かい室温の部屋のほうが発酵のペースは早く進みます。あまり室温に神経質にならなくても問題なく発酵する場合が多いです。

KOMBUCHA6
SCOBYを紅茶に入れたら、瓶の口にペーパーナプキンなどをかぶせて輪ゴムで蓋をします。

上手に発酵したKOMBUCHAは梅ジュースのように爽やか

室温等の状況で発酵の進み方は様々ですが、大体3日〜5日で甘いだけだった紅茶に酸味が加わり、飲み頃になります。味は、ほんのり甘酸っぱい梅ジュースに似ています。作るときはほどほどに砂糖が入っていますが、発酵した後にはあまり強い甘みは感じません。
テイスティングをして、酸味が強くなりすぎない程度のお好みの状態でお召し上がりください。KOMBUCHAの環境によってプチプチと微発泡をしている場合もあります。発酵が進みすぎるとお酢のようになりますが、破棄することなくドレッシングに加えるとヘルシーに野菜を頂けます。

kombucha7
2週間ほど経過した状態。ゲル状のSCOBYが育ちました。美味しいKOMBUCHAエキスの完成。

 

soda
完成したKOMBUCHAエキスに冷たい水を加えて飲んでも美味しいですし、無糖のソーダで割れば爽やかで飲みやすくなります。また、KOMBUCHAエキスにイチゴなどのフルーツを入れるとアレンジが楽しめます。

フルーツを加えて二次発酵!さらにデザートに進化。KOMBUCHAを何倍にも楽しもう

よく洗って水分を軽く拭き取ったイチゴをカットし、KOMBUCHAエキスに入れると、およそ1日〜2日で発酵が始まり(室温により時期は変化します)、フルーティなピンク色のKOMBUCHAエキスが完成します。

KOMBUCHA8
イチゴを入れたKOMBUCHAエキス

 

いちご
近くで見ると、微発泡している様子がわかります。シュワっとした口当たりも楽しいもの。ぜひ色々なフルーツでお試しください。

 

デザート
KOMBUCHAにヘルシーな素材を合わせてデザートを。イチゴのKOMBUCHAにヨーグルト、バナナ、チアシードをプラス

家庭で作るKOMBUCHAは、砂糖を計量する手間があるだけで、とても気軽に続けることができます。失敗しないためのポイントをおさらいすると…

*紅茶はフレイバーオイル等無添加の、可能な範囲でピュアなオーガニック・ティーを使うこと

*瓶は煮沸消毒をし、清潔なものを使うこと

*瓶の密閉を避けること。ペーパータオルなどを被せ、輪ゴムや紐で蓋をすること

※稀にカビが発生するケースがあります。その場合には処分をするようにしてください。

KOMBUCHAは発酵食品です。写真の発酵状況は一例で、それぞれの保管の状況によって変化します。発酵の進行具合の違いや、KOMBUCHAを飲むことによって体調が変化した場合の責任を負いかねます。悪しからずご了承頂きますようお願い致します。

筆者は3年ほどKOMBUCHAを作り続けていますが、問題なく美味しいKOMBUCHAを増やすことが出来、友人に株分けをしています。飲み続けるうちに代謝が良くなり体調を崩しにくくなりました。ぜひ、皆さんもお試しください。

ライター/栗尾モカ

漫画家 / コラムニスト。横浜育ち・シンガポール在住。国際線CAを経て出版社へ。女性誌「STORY」等で10年間取材をした経験をに描いたコミックエッセイ『サロン・ド・勝負』(KADOKAWA)『女のネタ帖』(学研)がある。現在、SingaporeのYoga Instructor Certificate Courseに通学中。また、スパイスの魅力に惹かれインド人料理研究家からアーユルヴェーダを用いた料理を学んでいる。好きな言葉は「SPICE UP YOUR LIFE」=(日常を活気づけ、面白くしよう)どんな時でも、笑いや思いやり、小さな幸せを忘れずに...。Instagram やTwitter でも発信中。

元記事で読む