1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「人間関係に疲れた…」そんなとき役立つ3つのヒント【疲労回復とヨガ#17】

「人間関係に疲れた…」そんなとき役立つ3つのヒント【疲労回復とヨガ#17】

  • 2020.11.21
  • 3365 views

人のことをつい優先させてしまう

人の顔色を気にし過ぎたり、人を優先させる優しさが強すぎたりすると、一番大切な自分のことを後回しにしがち。大切な人との人間関係を守るために、またはその場を丸く収めるために、ついつい自分を犠牲にしてしまうこともあるでしょう。この『自分よりも他人を優先させる』という姿勢は優しさや謙虚さと近いところがあるので、一見すると人間関係を上手に保っているように見えるかも知れません。

でももしもあなたがその人間関係に疲労感を覚えるのであれば、知らずのうちに自分を我慢させたり傷つけてしまっているサインなのかも。それは自分を大切に出来ていないということ…。もし「自分を大切に出来ていない」と感じるのであれば、まずは自分のことを優先させるようにシフトしてみましょう。

ヨガのとても大事な教えに「アヒムサー」という教えがあります。日本語では非暴力と訳されるこのアヒムサ―の教えは、自分や周りの人・動物や自然など全てのものを出来る限り傷つけないようにしましょう、という教えです。日本では特に、他人に迷惑をかけないように振る舞うという文化があるので、ついつい自分を犠牲にしてしまいがち。でも、自分で自分を傷つけてしまい大切にできないようであれば、結果的に周りの人たちも同様に大切にすることが難しいものです。

自分を犠牲にしていると感じたら、勇気を持ってまずは自分を一番大切にするように心がけてみましょう。自分を大切にしていくとやがて自分が満たされていくので、結果的に人間関係も円滑に回り出すはずです。

人に対してイライラしてしまう

人それぞれ持っている価値観は異なります。でも違う価値観の相手に対し「それは違う」と言い返したくなったり、イライラしてしまうこともありますよね。こういった反応は反射的に起きるものなので、思考よりもスピードが速く、また感情的になりやすいものです。

私たち人間は知性を持っていて、それは動物には備わっていないものです。ヨガの教えは、知性の使い方を教えてくれるもでもあります。イライラや怒りといった反射は自然に起きるものなので、それを止めようとしなくても良いのです。ですが、その先にどんな言動を相手にとるか?は自分の意志で選択することが出来ます。その選択するという段階で知性を使うのです。

イライラした時、怒りが込み上げてきた時、まずは反射的に言い返したり怒りの言葉をぶつけないようにしてみましょう。いったん立ち止まるのです。そして、自分の感情と自分の間に隙間のようなものを持ってみます。言い換えれば、自分を「客観視」するということです。

ヨガでは、自分を客観的にとらえる練習をしていきます。この場合では、イライラしている自分を外側から見るという視点を持ってみる、ということ。すると、イライラに自分が支配されなくなるので、イライラするような場面でも冷静に対処することが出来るようになります。結果的に、自分にも相手にも良い結果をもたらすはずです。

身近な人間関係の悩み

人間関係の悩みは、関係性が深ければ深いほど深刻になりやすいものです。その人を変えたいと思ってしまったり、束縛や嫉妬といった感情も深くなりやすいですよね。

ヨガの教えでは「変えられるものと変えられないものの見極めをしていきましょう」と教えます。人間関係においては、自分の行動や思考は変えられるもの、反対に他人の発言や行動は変えられないものとなります。

自分で変えられるもの、つまり自分自身においては最大限に良い方向に変えていく努力をします。一方、変えられないものはそのままにしておきます。変えられないものは、他人です。変えられないものは変えられないものと認識し、エネルギーをそこに使わないように試みてみます。実際、変えられることにエネルギーを使ったほうがずっと効率が良いですよね?

不思議なことに、自分自身が変わると外側の世界も変化していくものです。あなたの態度が変わることにより他人の態度が変化することもありますし、自分が変化することであなたの目に映る世界が変化することもあります。なるべく平穏な心の状態に自分を整えておくと、おのずと目に映る世界も平穏になっていきます。平和な人間関係を築いていくためには、なにより自分の内側を平和に保つことが重要なのです。

ライター/井上敦子
20代前半、心身のバランスを崩していた時期にヨガに出会い、不眠症をヨガで克服した経験を持つ。30代半ばに勤めていた大手企業を退社し、ヨガ講師に転身。現在は、『眠りのヨガ』と呼ばれるヨガニードラを、古典的な手法に加え最先端の欧米の手法も深く学びながらクラスを展開している。15年間の会社員生活の経験から、現代人の抱えやすいストレスをリリースするクラスを得意とし、導者養成講座・コラム執筆・アプリ監修・海外リトリート主催など幅広く活動中。Instagram:@yoga_atsuko.inoue

元記事で読む