1. トップ
  2. グルメ
  3. レトロな喫茶店で、金平糖を散らしたこだわりのコーヒーを/大阪・中崎町「珈琲舎 書肆アラビク」

レトロな喫茶店で、金平糖を散らしたこだわりのコーヒーを/大阪・中崎町「珈琲舎 書肆アラビク」

  • 2020.11.21
  • 1646 views

古き良き街並みが残る大阪・中崎町。その落ち着いた雰囲気の中で、ひときわレトロな外観が目をひく「珈琲舎 書肆アラビク(こーひーしゃ しょし アラビク)」。店内には古本がずらりと並び、ギャラリーも併設されています。お店の看板メニューである金平糖入りのコーヒーを飲みながら、非日常感を味わってみませんか。

レトロな喫茶店で、金平糖を散らしたこだわりのコーヒーを/大阪・中崎町「珈琲舎 書肆アラビク」
レトロな喫茶店で、金平糖を散らしたこだわりのコーヒーを/大阪・中崎町「珈琲舎 書肆アラビク」
昭和初期の長屋を使ったブックカフェ&ギャラリー
レトロな喫茶店で、金平糖を散らしたこだわりのコーヒーを/大阪・中崎町「珈琲舎 書肆アラビク」
水色の引き戸がかわいらしい外観

大阪・中崎町駅から徒歩5分。古民家をリノベーションしたカフェや雑貨屋が立ち並ぶ中を歩いていくと、水色の引き戸と緑たっぷりの外観が見えます。昭和初期の長屋をリノベーションした「珈琲舎 書肆アラビク」は、喫茶だけでなく古本や展示も楽しめるお店です。

本で埋め尽くされた落ち着く空間
レトロな喫茶店で、金平糖を散らしたこだわりのコーヒーを/大阪・中崎町「珈琲舎 書肆アラビク」
テーブルとカウンター含め15席

水色の引き戸を引いて中に入ると、店内はたくさんの本で埋め尽くされています。本を集めるのが好きでお店を始めたというオーナーの森内さん。文芸書を中心に新刊から古本・リトルプレスまで幅広い本が揃います。

味わい深い木製のテーブルとイスは、建物にあわせて100年前のアンティーク品で揃えているそう。タイムスリップしたかのようにどこか懐かしく、非日常感を味わえる空間です。

金平糖のトッピングが可愛い!「マリア・テレジア」
レトロな喫茶店で、金平糖を散らしたこだわりのコーヒーを/大阪・中崎町「珈琲舎 書肆アラビク」
「マリア・テレジア」750円

お店の看板メニューである「マリア・テレジア」は、オレンジリキュールが入った見た目も味も華やかなコーヒー。ホイップクリームの上にちょこんとのった金平糖がかわいらしく、お店の中でも特に人気のメニューです。たっぷりのったクリームや金平糖の食感がアクセントになっていて、デザート感覚でいただけます。リキュール入りで身体もあたたまるので、寒い季節にぜひ味わってみてください。

季節によって風味が変化する「自家製ティラミス」
レトロな喫茶店で、金平糖を散らしたこだわりのコーヒーを/大阪・中崎町「珈琲舎 書肆アラビク」
「ティラミス」400 円

マスカルポーネチーズの味わいが濃厚なティラミス。コーヒーとブランデーを染み込ませた生地が甘すぎず、大人の味わいです。ブランデーは季節によって種類を変えていて、今の時期は「杏とオレンジ」を使っているそう。オーナーが初めて作ったデザートで、13年前の開店当初から、変わらずに愛され続けるメニューです。

全国で数店舗しか扱わないマニアックな展示も
レトロな喫茶店で、金平糖を散らしたこだわりのコーヒーを/大阪・中崎町「珈琲舎 書肆アラビク」
ことりっぷ

店内奥にはギャラリースペースがあり、2か月に1度のペースで企画展を実施。球体関節人形の展示が主で、全国でも数店舗にしか展示されない貴重な作品が並びます。ギャラリーは見学のみでも問題ないので、気軽に足を運んでみてください。

こだわりの空間で、非日常感を味わって
レトロな喫茶店で、金平糖を散らしたこだわりのコーヒーを/大阪・中崎町「珈琲舎 書肆アラビク」
左:店員の今井さん 右:オーナーの森内さん

ここでしか味わえないコーヒーやデザート、オーナーの好きが詰まった本のセレクト、珍しい展示品の数々。「珈琲舎 書肆アラビク」に一歩足を踏み込めば、その独特な世界観に魅了されてしまいます。おだやかで気さくなオーナーと店員さんがいるブックカフェ&ギャラリーで、日常から少し離れた癒しのひとときをどうぞ。

元記事で読む