1. トップ
  2. 恋愛
  3. 櫻坂46・NiziUデビュー前の紅白出場に物議…本当に早すぎる?

櫻坂46・NiziUデビュー前の紅白出場に物議…本当に早すぎる?

  • 2020.11.21
  • 30742 views

NHK紅白歌合戦の出場歌手発表で話題に

改名後初の紅白出場を決めた櫻坂46。NiziU同様正式デビューは来月だが紅白出場は本当に早すぎる…?(C)NHK
改名後初の紅白出場を決めた櫻坂46。NiziU同様正式デビューは来月だが紅白出場は本当に早すぎる…?(C)NHK

大晦日に放送される第71回NHK紅白歌合戦の出場歌手が今月16日、発表された。11年連続出場中だったAKB48の落選やジャニーズから7組が選出されたことなど様々な反響を呼んだが、中でもまだ正式デビュー前の櫻坂46とNiziUの出場について、時期尚早ではないかといった声がネット上などであがっている。

具体的には「デビュー前のグループが選ばれるってどういうこと?」「まだCDも出してないのに」などと物議を醸しているのだが、果たして本当に紅白出場が早すぎるのか? 筆者はそうは思わない。むしろ両グループの2020年の活躍ぶりからすれば極めて順当な選出だろう。改めて、既成事実とともに検証したい。

まず大前提として、紅白の選考基準は“今年の活躍”、“世論の支持”、“番組の企画・演出”を「総合的に判断」したものと説明されている。そして今年の紅白のテーマは「今こそ歌おう みんなでエール」。コロナ禍で社会情勢が極めて困難な状況にある中、人々を勇気づけてきた歌手が出場者として選出されたということだろう。

現・櫻坂46全メンバーは欅坂46として活動

デビュー年から紅白に4年連続出場してきた欅坂46。昨年会見に登場したメンバーは現・櫻坂46の主力でもある/(C)日刊ゲンダイ
デビュー年から紅白に4年連続出場してきた欅坂46。昨年会見に登場したメンバーは現・櫻坂46の主力でもある/(C)日刊ゲンダイ

櫻坂46は、改名後だけの活動期間は約1カ月。ただ現・櫻坂46メンバー26人全員が改名前は欅坂46として10月13日まで活動してきた。今年を通して欅坂46としての活動も含めれば、申し分ない実績を残している。

コロナ禍で多くのアイドル・アーティストが活動を著しく制限された中でも、欅坂46は大人数グループとしては先駆けて、完璧な感染対策を行った上で7月、9月、そしてラストライブとなる10月2daysの無観客配信オンラインライブを成功させた。チケットの公称実売数は7月が約9万、10月初日が約8万、2日目が11万の2日間計19万。総視聴者数推定は7月が30万人、10月が2日間計57万人となった。

また今年欅坂46名義で発売した「欅坂46 LIVE at 東京ドーム ~ARENA TOUR 2019 FINAL~」及び「欅共和国2019」のDVD/Blu-rayは2作品合わせ約20万枚、ベストアルバム「永遠より長い一瞬」は約17万枚を売上げた。以上を合算した今年のアーティストセールスは、現在までで概算約30億円を突破。女性アイドルとしては乃木坂46に次ぐ高い数字を記録している。

「SONGS」出演、トレンド入りの“常連”

櫻坂46に改名後も引き続きイオンカードイメージキャラクターに。1stシングルはすでにCMソングとしてお茶の間で流れている/「イオンカード20周年キャンペーン発表イベント」より
櫻坂46に改名後も引き続きイオンカードイメージキャラクターに。1stシングルはすでにCMソングとしてお茶の間で流れている/「イオンカード20周年キャンペーン発表イベント」より

彼女たちの実力がNHKに認められている象徴的な出来事として、17年に女性アイドルでは初めて、同局の人気音楽番組「SONGS」に出演したのだが、今年もラストライブ直後に2度目の出演を果たしている。

改名後の活動となると直近1カ月という短い期間にはなるが、欅坂46ラストライブ2日目の最後にサプライズで櫻坂46として登場。12月発売予定の1stシングル「Nobody’s fault」をオンライン上の推定30万人の前で披露している。同曲はラストライブ直後やラジオでの初解禁時、公式YouTube上でのMV解禁時など事あるごとにTwitter上でトレンド入り。そのMVは公開日から紅白出場発表日までの6日間で140万回再生を突破していた。

改名前のCMや冠番組なども“継続”起用

また櫻坂46に改名後も、引き続き、イオンカードのイメージキャラクターに起用され、11月1日より同曲がCMソングとしてお茶の間で流れている。

さらに15年から毎週日曜深夜にテレビ東京で放送されてきた欅坂46冠番組も、改名以降は「そこ曲がったら、櫻坂?」と櫻坂46名義に変更された。視聴率は同局で開始時間が30分早い、乃木坂46の冠番組にかなり近い推移をし好評を博している。

公式Twitterは欅坂46時代のアカウントをそのまま櫻坂46名義に移行させたが、118万人超のフォロワーは変わらず彼女たちの動向をチェックしている。以上を鑑みても櫻坂46は改名前の欅坂46と変わらぬ人気、実力、話題性を兼ね備えているといえるだろう。

縄跳びダンスブーム、流行語大賞ノミネート

今年オーディションとプレデビューを通じ、大旋風を巻き起こしてきたNiziU/「Make you happy」公式MVより
今年オーディションとプレデビューを通じ、大旋風を巻き起こしてきたNiziU/「Make you happy」公式MVより

一方のNiziUは今年1月から6月にかけてネット動画配信サービスHuluで放送されたグローバルオーディション「Nizi Project」で1万人以上の中から選ばれた日本人9名によるガールズグループ。オーディションの過程を通じて“ダンス・ボーカル・スター性・人柄”といった点に磨きをかけ、たくましく成長していくメンバーたちの模様を映し続けた。

同プロジェクトは地上波の朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)でも定期的に取り上げられ、またYouTubeでもHuluとほぼ同じ内容(パフォーマンスシーンなどは一部省略)が配信され、メンバーたちの成長を我が子のように見守る視聴者が続出。特に緊急事態宣言以降、おうち時間が急増した多くの人々がネット配信や「スッキリ」を通じて彼女たちの頑張りに励まされた。

6月30日にデジタルミニアルバム「Make You Happy」でプレデビュー。同曲MVは4カ月で再生1.6億回を突破し、TikTokではサビの“縄跳びダンス”が大ブームとなった。こうした世間での一大ムーブメントから今年のユーキャン新語・流行語大賞のノミネート語30語にも選出されている。音楽界からは同じく紅白初出場を決めた瑛人の「香水」と「NiziU」の2つのみが選出されており、立派な実績といえるだろう。

12月発売の1stシングルはヒット確実!

12月2日発売のNiziUデビュー曲も大ヒット間違いなし!/「Step and a step」(初回生産限定盤B)
12月2日発売のNiziUデビュー曲も大ヒット間違いなし!/「Step and a step」(初回生産限定盤B)

それでも、櫻坂46、NiziU共に正式デビュー前ではないかとの指摘はあるかもしれない。しかし、前述の通り紅白の選考基準は“今年の活躍”、“世論の支持”、“番組の企画・演出”を「総合的に判断」したものであり、「すでに正式なデビューをしていること」といった明確なルールは存在しない。

そして“作品”そのものがノミネートされ選考対象となる楽曲の賞レースなどと違い、紅白は出場“歌手”を選定の上発表している。櫻坂46、NiziUというグループの活動全体の活躍ぶり、人気、そしてポテンシャルを考えれば、上記の選考基準は充分満たしているといえる。

むしろ、CDをいくら出しても話題にならないアイドル・アーティストがあまた存在する中、デビュー前にこれだけの話題を振りまき、人気を博していることの方が凄いとシンプルに思う。そして発売日前の熱狂度から考えても櫻坂46、NiziUがそれぞれ12月に控えた最初のCDシングルはヒット確実。紅白に出場しても注目を集め、話題となるのは間違いないだろう。

(こじらぶ/ライター)

元記事で読む