1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「Technics」監修アナログターンテーブル3種などがミニチュアフィギュアに

「Technics」監修アナログターンテーブル3種などがミニチュアフィギュアに

  • 2020.11.19
  • 166 views
目盛りやツマミ類などを精巧にミニチュア化

雑貨およびフィギュアなどを手がけるケンエレファント(東京都千代田区)は、パナソニック「Technics(テクニクス)」ブランドのオーディオ機器のミニチュアフィギュア「Technics ミニチュア コレクション」全5種を、2020年11月下旬に「パナソニック ミュージアム」(大阪府門真市)および全国のカプセルトイ売り場などで発売する。

クラブ&DJカルチャーシーンの人気モデルをラインアップ

いずれもクラブシーンやストリートカルチャー、DJカルチャーシーンで人気があったモデルをラインアップ。Technicsの監修により、ストロボのドットや目盛り、ツマミ類やコードの差し込み口など細部に至るまで再現したという。

アナログターンテーブル3種は、1979年に発売し、世界中のクラブやプロDJに使用されたという「SL-1200MK2」、SL-1200シリーズ生産累計300万台を達成した際に3000台限定で発売した「SL-1200GLD」、19年発売の現行モデルで、マットな質感を塗装で再現した「SL-1200MK7」。いずれもダストカバーが付属するほかアームの可動ギミックを備える。ラッキーアイテムとして「LP盤」がランダムに同梱されるという。

自走式CD用デジタルターンテーブル「SL-DZ1200」は、出し入れや取り外しが可能なCDパーツが付属。DJプレイ専用に開発されたという2チャンネルDJミキサー「SH-DJ1200」もラインアップする。

価格は、カプセルトイが1個500円(税込)、ブラインドBOXが1個500円(税別)。

元記事で読む