1. トップ
  2. ダイエット
  3. 寒い季節のむくみは放置NG!座ってゆらすだけでできる簡単むくみ取りヨガ動画

寒い季節のむくみは放置NG!座ってゆらすだけでできる簡単むくみ取りヨガ動画

  • 2020.11.15
  • 1450 views

寒い季節のむくみの放置は危険!

寒い季節のむくみは、脚がパンパンになるだけでなく、血流が悪化することにより冷えの症状が悪化する原因にもなるため、こまめにケアしたいもの。とはいえ、疲れや冷えで体を動かすのはおっくう。そんな時は揺らすだけのむくみ取りエクササイズで、血流をアップしていきましょう!

揺らすだけ1分ヨガエクサ

むくみを解消するためのストレッチやエクササイズはたくさんありますが、寒い季節はいきなり筋肉を伸ばしたり、筋肉に強い負荷をかけるのは、逆に筋肉を傷つけてしまう恐れもあります。揺らすだけエクササイズは、体が冷えている状態でも体を緩める効果が期待でき、ケガの心配なく行っていただけるので、特に寒い季節にオススメです。動画に合わせて1分、行ってみましょう!

🍀伊藤香奈🍀股関節ヨガ講師・ヨガライター🍁鎌倉(@itokanayoga45)がシェアした投稿 - 2020年10月月26日午後4時46分PDT

この投稿をInstagramで見る
やり方

1.ヨガマットの上に座る(壁に寄りかかると楽ですが、手で支える形でもOK!)

2.膝を緩めてマットに膝を落とす動きを10~20回パタパタと行う

3.30度くらい、45度くらいと徐々に足を開きながら繰り返す

ポイント:脚の付け根から力を抜いて行いましょう。強く叩きつけるのではなく、力を抜いて膝を落とすようなイメージで。

※住環境による騒音に配慮して行いましょう!

片方を行って足の長さを比べてみると、緩めた方が5mm~1cm長くなっていれば、筋肉が緩んだ証拠です。日頃の筋肉のこわばりが強いほど、エクササイズを行った後の足の長さの差が生まれやすいでしょう。特に頑張りすぎの方は「頑張らないで緩める」ように行ってみてくださいね♪

ライター/伊藤香奈

股関節ヨガインストラクター。会社員歴20年の長年の座り仕事&長時間通勤で、股関節と腰の痛みに悩まされる。解剖学の知見を深め、ヨガ・ストレッチ・筋膜リリースを組み合わせた独自のエクササイズで痛みを克服。この経験をもとに「股関節ヨガ」というオリジナルメソッドにまとめ、「立つ・歩く・家事をする・仕事をする」といった日常の動きが楽になるヨガを考案。股関節が整うことで、美脚・美尻・むくみ解消・ボディメイクの効果や便秘解消といった女性に嬉しい効果もあると人気が広まっている。Instagram:@itokanayoga45

元記事で読む