1. トップ
  2. 恋愛
  3. コロナ禍のせいで全てが…婚約破棄を決めた男性が抱える事情

コロナ禍のせいで全てが…婚約破棄を決めた男性が抱える事情

  • 2020.11.15
  • 945 views

「冷酷と激情のあいだvol.20〜女性編〜」では、結婚の約束をした彼氏が自分を避けているように感じる女性・Tさんの心情をご紹介しました。では、Tさんと交際しているMさんの真意はどうなのでしょうか。

【冷酷と激情のあいだ~男性編~】

本気で再婚するつもりだった

結婚しようと思ったのは嘘ではないが…(写真:iStock)
結婚しようと思ったのは嘘ではないが…(写真:iStock)

「Tのことは好きだけれど、ぶっちゃけ今は、恋愛どころではなくなってしまったんです」

コロナ禍に突入する前の夏、友人が主催した飲み会でTさんと知り合ったMさん。会ったその日に相性の良さを感じ、いわば一目惚れの状態から交際がスタートしました。その後は、あっという間にふたりの距離が縮まり、Tさんとは結婚の約束もした仲だとMさんは言います。

「あの頃は、コロナとかなかったですし、僕はバツイチですけど、そろそろ再婚もしたいなってのがあって、Tとは本気で再婚するつもりでいましたよ。

実際、付き合ってからはほぼ毎日一緒にいましたし、半同棲みたいな時期もありましたね。

けれど、コロナの問題が出てきて、最初のうちは仕事への影響が少なかったものの、コロナ禍が長期化するにつれ、僕の事業も厳しくなってしまって……。

実は、彼女には言っていませんが、あまりにも会社の業績が悪いので、従業員を解雇した上で、僕は今、アルバイトをして食いつないでいる状態なんです」

真実を告げられない理由とは

倒産寸前(写真:iStock)
倒産寸前(写真:iStock)

当初は、コロナ禍の影響を受けつつも、なんとか持ちこたえられる見通しだったものの、思ったより事態は甘くなく、今では経営する会社は赤字に。このままだと会社をたたまなくてはならないというところまで追い詰められているのだそうです。

しかし、そんな状況を恋人には話したくないと口にするTさん。その理由は“プライド”だそうです。

「おそらくですけど、コロナ禍が長期化したせいで、僕の会社は遅かれ早かれ潰れると思います。だけど、Tにはそんな状況を、どうしても言い出せなかったんですよね。

彼女は僕よりも11歳年下ですし、経営の話とかしてもわからないタイプ。だから、事情を説明しても、ただ不安になるだけだと思うし。

けど、それよりも何よりも、僕自身が11歳年上の男としてプライドがあるので、Tにだけは今の状況を知られたくないんですよ」

これまで、Tさんの前では「かっこいい俺」であり続けてきた自負があるMさん。遅かれ早かれTさんとは別れることになる前提で、いつまでもTさんの中で「かっこよかった彼氏」として記憶に残りたいと語ります。

せめてコロナ禍が明けるまでは

今、別れを切り出すのも心配(写真:iStock)
今、別れを切り出すのも心配(写真:iStock)

「コロナがなければ、たぶん今ごろは予定通りに結婚していたんじゃないですかね。だけど、コロナのせいですべてが変わってしまいましたよ。

しばらくは、僕の経済状況は悪化の一途でしょうし、コロナが明けたら、会社を整理した上で、人生を立て直さなくちゃいけない。

そんな状況だから、結婚なんてしばらくは考えられないし、正直今は、恋愛どころではありませんね」

付き合ってきた責任はあるから、Tさんにはまだ別れ話を出していないというMさん。

今、別れ話をしても、取り乱すだけで新たな出会いにも恵まれにくいだろうし、せめてもの思いやりとして、コロナ禍が明けるまでは恋人でいようと思っているのだそうです。

「でも、そろそろ別れたほうがTのためなんですかね? メンタルが弱い女性なので、僕から別れ話をして、ボロボロにさせてしまうのが怖いんです。

だからせめて、コロナ禍が明けて、新しい男と出会いやすい社会に戻ってから別れるのが礼儀かなって思っているんですけどね……」

◇ ◇ ◇

恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

(並木まき/ライター・エディター)

元記事で読む