LINEはあり? 女性がされたい告白の手段は○○と判明

【相談者:20代男性】

最近、同じ職場で好きな人ができたんですが、どうやって告白をしたらいいのか迷っています。LINEでやり取りをすることが多いので、LINEで告白しようかなと思っているんですが……。やっぱり直接会ってした方がいいでしょうか。 女性にとってどんな告白方法が嬉しいのか、また、他の男性の告白の仕方について教えてください。

●A. 「SNSの告白は嫌!」という女性が圧倒的多数のようですよ。

ライターの雪見かおるです。ご質問ありがとうございました。

好きな人にどうやって告白をしたらいいのか、迷っているというご相談ですね。最近はSNSも普及しているので、LINE等で告白する人も多そうです。実際のところ、世の中の男性はどのような方法で女性に告白しているのでしょうか。

●20代は「メール」「直接会って」が同率1位!?

『保険クリニック』が行った調査で、「告白したときの手段は何でしたか?」と聞いたところ、最も多かった答えは、「直接、会って告白」で157人。続いて「手紙で告白」が58人、「電話で告白」が33人、「メールで告白」が19人だったそう。ただし、年齢別に見てみると、20代の1位は「直接、会って」と「メール」が同率1位でした。

「直接、会って告白」は想像通りという人も多いはず。でも、20代にいたっては、メールでの告白も同じくらい多いというのは、ちょっとビックリな結果ですよね。

●女性は「SNS、メールでの告白は嫌」

また、「告白されるときの手段として、されて嬉しい・嫌なものは何ですか?」という質問でも、女性が嬉しいもので最も多かった答えは、「直接、会って告白」が断トツで、続いて「手紙で告白」「電話で告白」という結果でした。一方で、嫌なもので最も多かった答えは、「SNSで告白」が断トツ。続いて「告白なし」「メールで告白」でした。やはり告白をされる女性側からすると、直接会って告白されるのが嬉しいようです。

となると、SNS、メールでの告白は嫌というのも納得できる結果ですよね。男性側の結果と見比べてみても、女性側はこれらの傾向が顕著でした。

●口下手でシャイな人には手紙が有効!?

でも、直接会っての告白が1番いいとはわかっていても、なかなか実行に移せない男性も多いのでは? 相手との関係によっては、SNSやメールで告白した方が雰囲気も盛り上がりやすい、といったことも考えられなくはありません。ただ、気軽に告白して付き合うパターンよりも、面と向かって緊張して告白した方が、ふたりの関係は長続きしそう。女性側が直接会って告白パターンを望むのも、相手の本気度が伝わりやすいからですよね。

しかし、どうしても口下手でシャイな男性には、手紙という方法も有効かもしれません。同調査では、初めてラブレターをもらった時期は、中学校が最も多く、続いて高校、社会人という結果だったそう。

意外と社会人になっても手紙で告白をする人は少なくないようで、メールやSNSで告白をしようと思っているのなら、手紙での告白を考えた方が、相手からも嬉しい返事をもらえるかもしれません。

----------

いかがでしたか?

とはいえ、自分の気持ちが1番伝わりやすい形を選ぶことが大切です。しっかりと自分の気持ちを伝えることで、相手の女性も真剣にあなたの気持ちに向き合ってくれるはずです。

【参考リンク】

・50代女性の半数がラブレターをもらった経験アリ | 保険クリニック

●ライター/雪見かおる(セクシュアリティ専門家)

トランスジェンダー当事者。某クリニック院長から「体験談を書いてみては?」と勧められたひと言をきっかけに、セクシュアリティについてのコラム執筆を決意。『恋愛jp』では、自身の性別や性的指向について悩む人の気持ちに少しでも触れられたらと思い、当事者なりの意見と体験を交えたLGBTに関する情報を発信している。また、別名義ではライター、作家、シナリオライターとして活動する一面も持つ、異色の覆面コラムニストである。

元記事を読む
提供元: 恋愛jpの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。