1. トップ
  2. ファッション
  3. 今年こそは「買い直したほうがいいパンツ」5選【コーデ見本つき】

今年こそは「買い直したほうがいいパンツ」5選【コーデ見本つき】

  • 2020.11.15
  • 7925 views

「スカートは去年のものでもいいけれど、パンツは買い直したほうがいいかも」…憧れスタイリスト・斉藤美恵さんにそう言われて、思わずドキッ。トレンドも時代も変化しているからベーシックでも古い人にならないために、買い足すべきパンツを派閥別に教えてもらいました。

1.スニーカー派なら『極太パンツ』

大胆なワイドシルエットでシンプルコーデを今っぽくアップデート

スニーカーが多い人におすすめなのが、極太パンツ
難しそうに見えるかもしれませんが、マキシスカート感覚で合わせられるので、足元はぺたんこのほうがむしろバランスがいいんです。ゆるっと着こなすのがストレスフリーで今の空気感にぴったり。パンツ¥35,000(サクラ/インターリブ)

グレーと白のクリーンな配色でまとめて、極太パンツ+スニーカーの着こなしも上品に。センタープレスやロールアップでメリハリを生むデザインを選ぶのも、ワイドシルエットをキレイに着こなす近道。ニット¥86,000(デミリー/サザビーリーグ)バッグ¥40,000(ビューティフルピープル/ビューティフル ピープル 渋谷パルコ2F)スニーカー¥19,000(シシ)パールネックレス¥17,000(ANAYI)

2.デニム派なら『ドレスパンツ』

カジュアル好きこそ試してほしい ドレスみたいな正装感のあるパンツ

艶とハリのあるタキシードのようなドレスパンツは、普段デニム派の人にこそ、押さえてほしいアイテム
Tシャツやジャケットなど、デニムを合わせていたコーデに一点投入するだけで、一気にカッコよく進化。どれだけカジュアルに着崩しても大人っぽさをキープ。ドレスパンツ¥45,000(ハーヴェル スタジオ/アルアバイル)

Tシャツ¥19,000(ウェンデルボーン/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)ジャケット¥90,000(ビューティフルピープル/ビューティフル ピープル 渋谷パルコ2F)肩にかけたカーディガン¥59,000(サクラ/インターリブ)ベルトバッグ¥94,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)パンプス¥80,000(プロエンザ スクーラー/イウエン マトフ 横浜店)

3.スカート派なら『カラーパンツ』

カラースカート感覚で取り入れたい 着映える主役パンツ

元々甘め好きなスカート派にも取り入れやすい、華やかなカラーパンツ
ニュアンスカラーよりあえてパキッとした色のほうがベーシックカラーと相性がよく、着こなしの鮮度を上げる飛び道具的に使えます。中でも、トラッド育ちに親和性のあるグリーンが推し。パンツ¥43,000(ビューティフルピープル/ビューティフル ピープル 渋谷パルコ2F)

一点投入でコーデが華やぐカラーパンツはスカート派の味方。寒色同士ならカラーONカラーも取り入れやすい。コート¥108,000(ユニオンランチ/サザビーリーグ)カットソー¥18,000(ウーア/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店)バッグ¥36,000(ザネラート/アマン)シューズ ¥56,000(ブロック コレクション/ロンハーマン)

4.シャツ派なら『Newレギパン』

シャツ+レギパンのワン・ツーコーデに 新しいエッセンスをIN

オーバーシャツ×レギパンは、体型も隠せてきちんと見える、CLASSY.世代に嬉しい、制服的コーデ
でもそのレギパンも今年は買い替えどき。なぜならピタピタすぎないシルエットが新しく出ているから!よりラクに、キレイに見えるよう進化しています。レギパン¥19,000(デ・プレ)

シャツの中にタートルをINしたレイヤードも、シャツ+レギパンの王道コーデをリフレッシュ。シャツ¥32,000(ビューティフルピープル/ビューティフル ピープル 渋谷パルコ2F)タートルネックニット¥24,000〈ポステレガント〉バッグ¥66,000〈LUTZ MORRIS〉(ともにエスケーパーズオンライン)ブーツ¥113,000(トッズ/トッズ・ジャパン)めがね¥40,000(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)

5.ワンピ派なら『レザーパンツ』

レザーの光沢感とふわふわのニット。 素材MIXで冬のワントーンをリッチに

ワンピのように、存在感のある服が好きな人にはコーディネートが華やかになるレザーパンツを
今年は挑戦しやすいテーパードシルエットが充実。黒レザーほどハードにならないベージュが特におすすめ。ワントーンで合わせれば簡単です。レザーパンツ¥98,000(ebure)

レザーならベージュパンツもコンサバすぎず、今っぽいムードに。つるっとしたレザーと対極にあるふわふわニットを合わせれば、ワントーンコーデもフラットにならず、どこかリッチに。ニット¥60,000(ハイク/ボウルズ)ストール¥11,000(スムーク/フラッパーズ)バッグ¥193,000(トッズ/トッズ・ジャパン)シューズ¥17,000(デ・ プレ)サングラス¥32,000(アイヴァン/アイヴァン PR)

教えてくれたのは…

スタイリスト Mie Saito

東京都出身。OL、専業主婦、VERYライターを経て、スタイリストに転身。女性誌やオンラインメディアなどで提案する、洗練されたスタイリングに憧れるモデルやスタッフも多い。「秋冬はスカートをはかない」と言うほどのパンツ派。

スタイリング/斉藤美恵 撮影/水野美隆〈zecca〉(人物)、草間智博〈TENT〉モデル/Kelly ヘアメーク/渡嘉敷愛子

元記事で読む