1. トップ
  2. ファッション
  3. 「今着たい服」を導くキーワードとは?|ときには矛盾も必要

「今着たい服」を導くキーワードとは?|ときには矛盾も必要

  • 2020.11.14
  • 2480 views

ひと目でほれた服も、よく着る服も、着てみたい服も。解決策を考えることも楽しい組み合わせのバランス。「何と何を・どこに何を・どことどこを」。考えるほど複雑に、そして無限にある組み合わせの考え方から、まちがいなく「しっくりくる」法則を編み出し、たとえば携帯+PC=スマートフォンというように、組み合わせることで「さらに」「それも」いいとなる応用法をたっぷりとご紹介。
ワンパターン・着ぶくれする・スタイルがよく見えない・考えたくない…ありがちな問題も組み合わせ自体の見直し、あるいは組み合わせによって解決していく実例集。パズルのピースを埋めていくように、その場所に合わないもの=結果「何が不要か」もおのずと見えてくる。
流行やモノではなく自分らしい発想。それをデザインするのは、誰でもない自分自身。1つもいいけど、2つ以上がいいこと。ひとつひとつが持つ魅力を組み合わせることで最大限に引き出すヒントを、めいっぱいつめ込んでお届けするコーディネート・トレーニング。

【画像一覧】すべてのスタイリングをチェック

<矛盾した言葉で見えてくる>
「キレイを生む」言葉の配合
あれもいいけれど、これもいい。多くを求めるあまり、矛盾をはらむこともある理想の姿。溶け合う4色の中なら、ぶつかることなく、うれしい意外性として成立する。

MINIMAL BLACK
+
DRESSY WHITE
+
NEUTRAL WHITE
「攻めと守りとニュートラル」
気張ったブラウスとそれを支えるタートルネック。拮抗する白と黒を中和させるように、色も素材も穏やかなパンツを起用。ごくベーシックな黒小物をちりばめて、バランスの最終調整を。


白は強く、黒は冷静に。性格を逆転させたモノトーンの新境地
タートルネックニット16,000円+税/STUNNING LURE(スタニングルアー 新宿店) フリルブラウス 22,000円+税/ダリア(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) ウールパンツ(11月発売予定) 27,000円+税/nagonstans 黒スクエアトゥショートブーツ 10,000円+税/UNITED TOKYO(ユナイテッド トウキョウ 渋谷店) ベルト 9,000円+税/Martin Faizey(グラストンベリー ショールーム) フリルのそでからタイトな黒ニットがのぞく、腕さえも見逃せない奥行きのあるレイヤード。ニュートラルなスクエアトゥとセミマットな質感のレザーショートブーツは、たとえ黒でも白パンツから浮かずにフィット。

SOFT BLACK
+
AIRY BLACK
「黒はやさしくて軽妙な色」
着るというより、まとうという表現が似合う軽量なモヘアニットに、シャカシャカとしたナイロンスカート。意表をついた素材をかけ合わせることで、重いとされている黒はどこまでも軽くなれる。


ただ軽いだけじゃない。張り合いのあるスカートの効能
スカート 15,000円+税/AKTE モヘアニット(メンズ) 28,000円+税/BATONER ロングスリーブTシャツ 1,900円+税/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) ブラウンショートブーツ 8,900円+税/RANDA レオパード柄クラッチバッグ 53,000円+税/ア ヴァケーション(アマン) さらに軽さを生む白インナーをはさむひと手間も忘れずに。ブーツまで黒だとややストイック。黒同等の引き締め力を兼ね備えた、鋭いブラウンブーツなら、黒の持ち味をそこなうことなく親近感を含ませることも可能。

VINTAGE-LIKE BROWN
+
CASUAL BEIGE
「昔と今」
古着屋にありそうなノスタルジックなワンピースに、ベージュのスエットをたずさえてカジュアルダウン。ブラウンとベージュの同系色なら、あからさまなハズしに見えず、むしろ味わい深い。


花柄に似合う可憐な足元で、大人と少女を行ったり来たり
タートルネックニット16,000円+税/STUNNING LURE(スタニングルアー 新宿店) 花柄ワンピース 32,000円+税/Jilky スエットプルオーバー 22,000円+税/YLEVE × THE LZBRARY(アングローバル) 黒スエードパンプス 30,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ) サングラス 45,000円+税/ayame(アヤメ) 黒巾着バッグ 14,000円+税/FILL THE BILL(4K) 白ソックス 3,000円+税/BLEU FORET(ebure) 花柄ワンピースと波長の合う、白ソックスと黒パンプスという優等生な組み合わせ。黒タートルやサングラスなど、隙のない黒で甘さの引き算を。

AUTHENTIC JACKET
+
BASIC BROWN PANTS
+
SWEAT TOP
「予定調和と気分転換」
チェックジャケットにスラックスとローファー。正統派と見せかけて、実はスエットでハズしたささいな遊び。シンプルなニットのようないでたちゆえ、いい意味のわかりにくさがかえって好都合。


紳士のような渋さにボーイッシュなベージュをブレンド
サスペンダーつきウールパンツ 16,000円+税/UNCRAVE ジャケット 43,000円+税/FLORENT バックロングスリーブシャツ 6,000円+税/STYLEMIXER(バロックジャパンリミテッド) スエットプルオーバー 22,000円+税/YLEVE × THE LZBRARY(アングローバル) ブラウンローファー 14,900円+税/A de Vivre ブラウンソックス 1,200円+税/Blondoll(Blondoll 新丸の内ビル店) ボストンバッグ 34,000円+税/YOUNG & OLSEN The DRYGOODS STORE(グーニー PR) これがベージュニットだとハマりすぎてやぼったい。スエットというテンションのズレが、こなれ感へとつながる重要なポイント。

MILKY WHITE
+
CLEAR WHITE
+
MINIMAL WHITE
「白とほぼ白と白っぽい」
ミルクのようにやさしい白の上下に、白を含んだようなベージュを重ね、まじりけのない白をのぞかせる。1色といえど、色みと質感の選べる幅が広がる今だからこそ、一言では語れない白の世界を堪能。


この配色の中だから成り立つエクリュパンプスのスパイス
スエットプルオーバー 22,000円+税/YLEVE × THE LZBRARY(アングローバル) ロングスリーブTシャツ 1,900円+税/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) ウールパンツ(11月発売予定) 27,000円+税/nagonstans アルパカニットカーディガン 25,000円+税/アルアバイル エクリュスクエアトゥパンプス 29,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ ヴィオロ 福岡店) ベージュバッグ 6,000円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) ヌーディでありながら、まろやかワントーンの中ではメリハリを生むきっかけとなる、鋭いフォルムのエクリュパンプス。同じく白をブレンドしたようなスエットやバッグとトーンをそろえることで、統一感も獲得。

SOFT BEIGE
+
GLOSSY BROWN
+
CRISP BEIGE
「ふわっと・パリッと・しっとりの3層」
パリッとしたレザーパンツにしっとりしたシャツをまとい、最後にソフトなコートで包み込むおいしい関係。好感度の高い配色も、思い切った素材を選ぶだけで、コンサバには終わらない。


色もデザインもおとなしく。素材の強さだけでもたせる結論
バックロングスリーブシャツ 6,000円+税/STYLEMIXER(バロックジャパンリミテッド) コート 38,000円+税/TODAYFUL(LIFEs 代官山店) レザー風パンツ 23,000円+税/smuk(フラッパーズ) サングラス 18,000円+税/A.D.S.R.(4K) バッグ 33,000円+税/Aeta(alpha PR) 素材で攻めたモードな装いに似合う、シャツのフロントを上まで閉じた隙のなさ。小物も服につり合うようなシャープなルックスを選択。

<限られた色の中で見えてくる>
「気分が変わる+1」=同じトーンで考える
やや難易度の高いアイテムや着こなしに目を向けるとき。失敗しないために「色数をおさえる」のがてっとり早い方法。新たな服をデザインするような感覚で、同じ色で、もう1つ。

ALL BLACK
「凝ったワンピを生み出すように」
甘いデザインカーディガンと見まがうような、タートルネックとベストのレイヤード。さらにスカートも黒を貫けば、異素材MIXのワンピースのような見た目に。


+ FRILL VEST
あらゆる抑揚で表現された「つまらなくない」ALL黒
黒フリルニットベスト 17,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) タートルネックニット16,000円+税/STUNNING LURE(スタニングルアー 新宿店) スカート 15,000円+税/AKTE 黒スエードパンプス 30,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ) クラシックなカーディガンのそでを落としたような、目新しいベスト。シンプルな黒を盛り上げるための黒としての限定的な使い方も悪くない。

ALL BEIGE
「ドットのえりに見立てるように」
スエットのネックラインからえりを出すように、同系色のスカーフをIN。親しみやすい配色なら、柄スカーフにありがちなレトロ手前にとどまり、カジュアルに楽しめる。


+ PRINTED SCARF
スエットとスカーフのちぐはぐ感をつなぐベージュの品格
ドットスカーフ 18,000円+税/マニプリ(フラッパーズ) コート 38,000円+税/TODAYFUL(LIFEs 代官山店) スエットプルオーバー 22,000円+税/YLEVE × THE LZBRARY(アングローバル) レザー風パンツ 23,000円+税/smuk(フラッパーズ) ドライなスエットに気品を補うシルク素材のドットスカーフ。ライトベージュで構成されたあいまいなスタイリングにとってわずかなスパイスとなるワントーン濃いベージュも、アクセントづかいに適した存在感に直結する。

ALL BROWN
「あらかじめセットかのように」
ほぼ同じ色でそろえた無地のワンピースは、シャツを重ねて気楽なセットアップとして新解釈。そでをまくってブラウンの微差を楽しむなど、シンプルだからこそひねった着こなしも光る。


+ PLAIN DRESS
黒でも白でもなくブラウンだから、定番どうしでもクセが出る
ブラウンワンピース 10,000円+税/AKTE バックロングスリーブシャツ 6,000円+税/STYLEMIXER(バロックジャパンリミテッド) レオパード柄パンプス 34,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ) サングラス 57,800円+税/Persol(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) クラッチバッグ 43,000円+税/マリーターナー(フレームワーク ルミネ新宿店) 毛足の長いパンプスが無地どうしの装いを平坦に見せないファクターに。

ALL WHITE
「ウエストデザインに仕立てるように」
ロンT1枚だと肌寒い。けれど上にはおるほどでもない気候の日に、「ニットを腰に巻く」という手段。単純な上下に立体感を生み、いざとなったら素直にプルオーバーとしてまとってもいい。


+ VOLUME KNIT
脇役としても異彩を放つローゲージによる立体感
白ニットプルオーバー 36,000円+税/デミリー(サザビーリーグ) ロングスリーブTシャツ 1,900円+税/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) ウールパンツ(11月発売予定) 27,000円+税/nagonstans ベージュバッグ 55,000円+税/MODERN WEAVING(ショールーム セッション) ざっくりとした編み地とぷっくりふくらんだそでのフォルムが、巻いたときにさまになるボリューム感を形成。白1色だけで見事な奥行き。

元記事で読む