1. トップ
  2. ファッション
  3. 【緊急提言】「コートのすそからのぞくスカート」は野暮と心得よ!トップスタイリストの助言

【緊急提言】「コートのすそからのぞくスカート」は野暮と心得よ!トップスタイリストの助言

  • 2020.11.15
  • 22718 views

新しい時代へと価値観が変化しつつある今、創刊以来ラグジュアリーを追求しつづけてきた『Precious』が、3人のスタイリストとともに、「贅沢」の意味を改めて考えました。最新『Precious』12月号の大特集で、その答えを展開しています。

その特集内、スタイリスト・犬走比佐乃さんは、「エレガントを極めるには、ていねいなおしゃれが必要。「贅沢」の美学こそ、細部に宿ります!」と語って下さいました。この記事では、そんな"マダム犬走"の提言をご紹介します。

犬走比佐乃さん
スタイリスト
(いぬはしり ひさの)富士見高等学校から文化女子大学短期大学部被服専攻科を卒業し、SUNデザイン研究所に入社。主にファッションショーのスタイリストとして"ケンゾー""サンローラン""ディオール"等のショーの制作に携わる。1985年、SUNデザイン研究所より独立し、フリーランスのスタイリストとしてファッション全般の広告、雑誌関係の仕事を中心に、セミナー、トークショー等でも活動している。

「ラグジュアリーなものは、裏も表も同様に美しい」と語ったのは、かのココ・シャネル。目に見えない部分、ディテールのひとつひとつにこだわることこそが真のエレガンスであることは、今も昔も変わらないおしゃれの真理です。

ていねいに服を身につけること、細部にまで気を配ることでしか到達しないエレガンスの極意を、スタイリストのマダム犬走に伺いました。

提唱:「コートのすそからのぞくスカート」は野暮と心得よ!

コート¥557,000・ブラウス¥51,000(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、スカート¥57,000(三喜商事〈イレブンティ〉)、ピアス¥1,572,727(ブシュロン)、バッグ¥643,000(デルヴォー・ジャパン)、靴¥79,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)
コート¥557,000・ブラウス¥51,000(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、スカート¥57,000(三喜商事〈イレブンティ〉)、ピアス¥1,572,727(ブシュロン)、バッグ¥643,000(デルヴォー・ジャパン)、靴¥79,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

「ベーシックなカラーとデザインのひざ丈コートなら、インナーを選ばず、何にでも合わせられる」と、安易にはおっていませんか? 実はそれ、思い込みです。

ここ数シーズン、スカート丈のトレンドは「少し長め」に移行しています。そのため、コートのすそからスカートが「チラ見え」している女性が増殖中。「たった数㎝だから、まぁいいか」という妥協こそが、あなたの印象を一気に洗練から遠ざけます。

ヒップラインより少し長めの、いわゆるハーフコートもパンツ用と、着分けるルールを徹底すべき。スカート姿を小粋に見せる今年のコート選びは、「いつもより、ちょっと長め」を意識すると、ちょうどいいかもしれません。(犬走さん)

コートは…極上手触りのキャメル素材。襟にはフォックス、そで口にミンクをあしらって。

問い合わせ先

  • マックスマーラ ジャパン TEL:0120-030-535
  • 三喜商事/イレブンティ TEL:03-3470-8237
  • ブシュロン クライアントサービス TEL:0120-230-441
  • デルヴォー・ジャパン TEL:03-6418-0983
  • ジャンヴィト ロッシ ジャパン TEL:03-3403-5564
元記事で読む