1. トップ
  2. お仕事
  3. 今日もまた残業…はイヤ!「仕事がデキる女性」が心がけてる2つのこと

今日もまた残業…はイヤ!「仕事がデキる女性」が心がけてる2つのこと

  • 2015.5.26
  • 1172 views

一生懸命、仕事をこなしているのに、いつになっても終わらない……。挙句の果てには3日間続けて残業することに。

そんな中、時間内に終えて帰宅するデキ女をみると、ついイラッとしてしまいますよね。しかし、仕事がデキる女性は、きちんと予定通りに終わるように時間管理が徹底しているのかもしれませんよ?

そこで今回は、ディップ株式会社が実施した「ステキな女性のシゴトっぷりTOP10」を参考に、「私もいつかはなりたい!」仕事がデキる女の2つの特徴をご紹介いたします。

 

 

■1:スマートに仕事をしている

いくら、その日のスケジュールを立てていても予定通りに仕事が進むとは限りません。緊急的な要件が発生したり、後輩からサポートを求められたりする場合もあるでしょう。

仕事がデキる女性は、仕事量が増えても、全く動じることなく、目の前のやるべきことをこなしていきます。そんな凛々しい姿に、同僚や後輩は胸キュン! 後輩からしてみたら、何か頼む度にイラつく先輩よりも、笑顔で優しく接してくれる先輩の方が頼りやすいですよね。

周囲から一目置かれたいなら、感情的にならずに、冷静に対処する術を身につけておきましょう。

 

■2:誰とでも平等に接する

職場には、好きな人もいれば“苦手な人”もいます。なかには、その職場の“名物人物”になっていて、周囲から距離を置かれている人もいるかもしれませんね。しかし、仕事を回していくうえでは“好き嫌い”などいってられません。

仕事がデキる人は自分の感情よりも、いかに仕事を効率よくこなすかを重視しているため、周囲の人とも壁を作らず、積極的にコミュニケーションを図っていきます。もちろん、目の上のたんこぶのような人にも、笑顔で接するのです。

人によって態度を変えているようでは、どんなに長く勤めていようとも、一人前とはいえませんね!

 

いかがでしたか? 仕事量をこなすだけでは“デキる”とはいえません。

量をこなしながらも“質”を高め、職場のコミュニケーションを円滑にする役割を果たして、ようやく「仕事がデキる」といえるのです。

苦手な人と積極的に関わる必要はありませんが、何か困ったときは仕事を分担してもらえるように、誰に対しても、平等に接していきましょう。

 

【参考】

※ ステキな女性のシゴトっぷりTOP10 – ディップ株式会社